メイン

Macmini アーカイブ

2014年12月17日

Macmini 2014 のSSD交換作業

Macmini 2014 モデルのSSD交換作業を行いました。もともとPCIeモジュールのSSDとハードディスク1TBが搭載されている個体ですが、1TBのハードディスクを2.5インチ SATA SSD 512GBに交換するご依頼を受けました。
外観からは従来のMacminiと全く変わりありません。
裏返してみると同じように黒い円形のフタがありますが取り付け方法が異なっています。
従来はフタを少し回転させて引き上げる固定方式でしたが、2014モデルは固定ネジの上にキャップ方式でかぶせる仕様になっています。

01.JPG


開け方は一斗缶や柿の種缶と同じようにへらを使って押し上げます。
02.JPG

フタを開けると円形の金属シールドが6カ所のネジで固定されています。
おもむろにトルクスT6ドライバーでネジを外そうとしたのですが・・・
回りません。というかドライバーがねじ山にかかりません。
03.JPG


ネジ頭をよく見てみるとトルクスの型の真ん中にいじり防止の突起があります。
持っているT6ドライバーの中央には穴が空いていなかったので入らなかったわけです。
(このいじり防止付きのネジは正確にはT6ではなくTR6ということになります)
04.JPG

続きを読む "Macmini 2014 のSSD交換作業" »

2013年4月19日

Macmini Late 2012 モデルのハードディスク固定位置

Macmini 2012 Lateモデルのハードディスク初期固定位置が変わっていました。以前は下段(裏面開口から見て上段)の位置にハードディスクが取り付けられていましたが、今日作業したMacmimiでは上段(裏面開口から見て下段)に付いていました。

カスタム時の利便性を考慮して変更されたのかもしれません。下段取り付け用のネジはWiFIアンテナのフタの裏からネット留めされています。

幸い上段用のケーブルは所持していましたが2012モデルでも下段に付いている個体もあったので今後注意が必要です。


2011年9月 9日

Macmini (Mid2011)のSSD増設作業 (SATA3)

Macmini (Mid2011)SSD増設作業を行いました。

新型Macminiではデスクトップマシンでついに光学ドライブが廃止されました。OSX 10.7 Lionもダウンロード供給になったこともあり、アップルらしい断捨離とも言えます。

光学ドライブが無くなったスペースは空いていますので、そこにSSDを増設しようというのが今回の作業です。

SSD増設はAppleのBTOでもできますが、上位モデルで750GB HDD+256GB SSDという組合せ(プラス66,360円)しか選択できません。また、MacminiはSATA 3の高速SSDにも対応していますので、是非ともSATA3ドライブを取り付けたいところです。(AppleのBTOではSATA2のSSD)


SANY0605.jpg

続きを読む "Macmini (Mid2011)のSSD増設作業 (SATA3)" »

2010年7月26日

新型 Macmini (Mid 2010)のSSD交換作業

久々にリニューアルされた新型 Macmini のSSD交換作業を承りました。
作業の前にまず、箱チェック。Macminiが薄くなっているという理由もありますが、かなりパッケージが小さくなっています。初代Macminiの箱と比べるとほぼ半分の大きさです。
SANY0389.jpg

旧モデルの天板はポリカーボネートでしたが、新型は全面アルミニウムになってソリッドな雰囲気。
SANY0403.jpg
背面はすっきりと端子類が並んでいます。ちょっと家電ぽいです。
SANY0402.jpg

ある方に教えていただいたのですが、なんと新Macminiの縦横の大きさはG4 Cubeとほぼ同じなのです。実際に合わせてみるとぴったり!Cubeへのオマージュを感じさせられます。
SANY0393.jpg

続きを読む "新型 Macmini (Mid 2010)のSSD交換作業" »

2009年2月24日

Mac miniのSSD化

こんにちは、関東地方、今日は寒いですね。新作業小屋はエアコンをまだ導入しておらず、オイルヒーターのみの暖房なのでとくに寒さが身にしみます・・・(コンピュータには良い環境とは言えますが)

さておき、ちょっと前に作業したMac miniのアップグレードなのですが、紹介させていただきます。
内容はCPUをCore2Duo2.16Ghzへ、ハードディスクをSSDにしました。
SSDは値段のこなれてきたTranscendの128GB SSDです。大きなデータを取り扱わない限りはおおむねOKは容量ですよね。(外付けHDDと併用する手もありですし)
SSDのスペックは読み込み 148MB /sec 書き込み 90MB /secとMacminiでは十分な性能です。

アップグレード後の起動テストを動画でご覧下さい。(外で工事をしていたため、雑音が多くてすみません)



起動音がしてからは10数秒足らずでOSX 10.5 Leopardが起動しきってしまうほどのパフォーマンスアップです。
正直なところ、起動時間や通常操作のレスポンスはMac Proの8コアモデル(SATA ハードディスク )よりも速いです。それほどハードディスクからSSDへの交換は効果的で圧倒的な差があるといえます。(もちろんMac Proの8コアモデルもSSDにすればもっと速くなるはずですが)
CPUをアップグレードしているとはいえ、Macminiでこれだけの高速化は魅力です。ぜひ、ご検討ください。
(以前にintelのSSDでOSX 10.5 Leopardの起動が遅かったのはintel SSD個体の問題だったのかもしれないです)

続きを読む "Mac miniのSSD化" »

2009年2月17日

ならずもの。

先日エントリーしたお手軽DualCore CPU T3400(2.16Ghz)がどうにも気になって仕方が無くなったので、自分で購入してテストしてみました〜。

かなりレアなCPUのようで販売しているお店は少なく、とあるネットショップから入手しました。

見た目はモバイル Core2シリーズと酷似しています。
RIMG0013.jpg

SoketP用ながらもFSB が667MhzなのでMac miniに使えるのでは?と思ったんです。

続きを読む "ならずもの。" »

2009年2月 5日

もしかして。

ここで紹介されている、Pentium for Mobile T3400。
Soket PでFSB 667Mhzってことは、ひょっとしてMac miniやiMacで使えるんではないでしょうか?
試してみようと思いましたが、すでに売り切れてて残念な感じ。

対応可能なら非常にコストパフォーマンスの良いアップグレードCPUになりますねぇ。
(キャッシュ容量は1MBと少ないですが)
情報をご存じの方がいらっしゃいましたら是非お知らせ下さい!

2008年9月30日

やっぱり速いのか!?SSD Intel X25-MをMacで使う!

OSX 10.5 Leopardでの起動時間にどうも納得がいかないので、OSX 10.4ではどうだろうとテストしてみました。

社用の Macmini Core2Duo 2.16GhzにX25-Mを搭載してフォーマット。10.4 Tigerをクリーンインストールし、10.4.11までアップデートしました。

起動してみると驚愕!
なんと10秒足らずで起動しました!!(早送りじゃないですよ)

こうなると、起動の遅さはOSX10.5側の問題ではないかと思えるのですが・・・深まる謎。
今度はパーティションを2つに区切って10.4と10.5のデュアルブートにしてテストしてみます〜

超速!?SSD Intel X25-MをMacで使う!

一部マニアの間で話題騒然のSSD、Intel X25-Mが先週末に発売されました。
このIntel X25-MはMLCタイプのフラッシュメモリドライブで、最大データ転送速度がリード時240MB/s、ライト時70MB/sと公称される、現状で最速のSSDです。(Intel X25-Mの詳細はこちらこちらでどうぞ)

一部マニアであるイシダはうっかり入手してしまいましたのでさっそくMacでテストを行いました。

intel%20X25-M%20%28Disk%20Utility%29%20.jpg

続きを読む "超速!?SSD Intel X25-MをMacで使う!" »

2008年7月 8日

MacminiでeSATA接続する。

連日でMacminiの話題をお届け。

「Macminiの内蔵HDDを取り外し、ケーブルを外へ出し、
e-SATAのケースに入れたHDDにつなぎたい」というご依頼を受けまして、MacminiのeSATA接続化を行わせていただきました。

作業自体はわりと簡単なように思えたのですが、実現するための問題として2つの懸念事項がありました。

1,SATAのケーブルをMacminiの外部にどのように引き出すか。
2,SATAオス=eSATAメスのケーブルは存在しないのでどのように変換するか。


検討の結果、1についてはなるべくスマートに配線できるように、Macminiの背部のセキュリティーワイヤーポート加工してを利用することにしました。
2についてはケーブル、コネクタ類を探し、下記のように配線することにしました。
Macmini---(SATAオス=SATAメスケーブル)-----(SATAオス=SATAオスコネクタ)----(SATAメス=eSATAメスケーブル)----外部eSATAドライブ

以下手順を紹介します。

続きを読む "MacminiでeSATA接続する。" »

2008年7月 7日

Macminiを 802.11n化してみる。その後。

その後チャンネルを変更したり、いろいろ設定を確認してみたのですが、無線モード802.11n b/g互換 (2.4Ghz帯域)ではどうにも安定しなかったので、802.11nのみ(5Ghz帯域)の設定にしてみたところ、ばっちり繋がるようになりました!
流石に802.11n接続はAirmacの扇マークもMAXになり、802.11gの時よりもスループットも向上しています。
airmac.jpg


ただし、802.11nのみ(5Ghz帯域)にすると802.11b/gであるPowerBookG4やNintendo Wii,DSは接続できなくなってしまったので、Macmini以外は別経由のネットワークとしてFONの無線ルーターを利用することにしました。(ハブを介してネットワークアドレスを802.11nネットワークと同じにすれば相互に通信も可能)

どうして802.11b/g互換だとダメなのかは解明できないのですが、ひとまず、解決ということで・・・。(イシダの自宅環境の2.4Ghz帯域が混み合っているせいではないかと思うのですが)

続きを読む "Macminiを 802.11n化してみる。その後。" »

2008年7月 4日

Macminiを 802.11n化してみる。

VintageCmputerさんより、Mac mini Intel 用AirPort Extreme 802.11n キットを販売するとのお知らせをいただき、さっそく取り寄せて自宅の環境(Macmini ---- AirMac Express)で試してみました。
(取り付け方はVintage Computerさんのサイトに詳細があります)

取り付け自体は問題なく完了し、802.11n のイネーブラーもインストールして、いざ接続!してみたのですが・・・
もとの802.11gの時よりも電波の強度が落ちて通信速度が低下したり、接続が不安定になってしまいました。

いまのことろ原因はわかりませんが、住居が集合住宅であったり、他の無線機器もあるのでので、環境的な問題が考えられます。

802.11n についてはいまひとつ不勉強だったので、調べてみるといろいろ情報を見つけました。
なにやら、802.11a,b,gとの互換性やら周波数やらチャンネルやらちょっと複雑なようです。

やっぱり5倍速い? 新『AirMac Extreme』の通信速度を検証
IEEE 802.11n:導入前に知っておくべきこと
【短期連載】802.11nのいま Vol.4――ここが問題だよ、802.11n

これからお勉強して、なんとかトラブル解消してみたいと思います!

続きを読む "Macminiを 802.11n化してみる。" »

2007年9月15日

新Macminiのメモリ容量

先日新Macmini(Core2Duo)のメモリ増設作業を行いました。
2GBx2への交換です。
交換後起動してシステムプロファイラや「このマックについて」では4GBと表示されていたので、おおっ、4GBいけるのかと思ったのですが、念のためアクティビティモニタをみると、3GBとして動作していました。

ご参考にしていただければ幸甚です。

2007年8月 3日

フルスペックMacmini

Macmini (intel)のアップグレード作業を行いました。

元のスペックは CoreDuo 1.66Ghz ,512MB mem  ,80GB HDD です。

今回のアップグレードでは下記の構成で承りました。

CPU: Core2Duo 2.33Ghz

メモリ: 2GB

ハードディスク:200GB (7200回転)

現時点で2.5インチ7200回転の最大容量である200GBを搭載したフルスペック状態です。

アップグレードしたあと、どれぐらいの違いが出るのかを、いつもの簡単なテストで比較してみました。

・iTunesにて46分3秒(468MB)のCDをAAC 128kbpsで読み込む時間。

・Cinebenchでのレンダリングテストを行い、完了までの時間。

・電源ボタンを押してからデスクトップのアイコンを表示しきるまでの起動時間。

iTunesエンコード

Cinebenchレンダリング

起動時間

CoreDuo 1.66Ghz

(5400回転 80GB,512MB mem)

3分37秒

51秒

28秒

Core2Duo 2.33Ghz

(7200回転 200GB,2GB mem)

3分38秒

34秒

23秒

iTunesのエンコード時間はほぼ変わりありません。もしかすると光学ドライブの読み取りスピードがボトルネックになっているのかもしれないです。

Cinebenchのレンダリングは見た目でもかなり速さを感じます。(G4プロセッサと比べると圧倒的なはやさですね)

起動時間は5秒ほど短縮されています。おそらくCPUとハードディスクの総合的な効果だと思われます。(起動時間中の5秒は貴重ですよね)

フルスペックMacminiを検討中の方は参考にしていただけると幸甚です。

数値だけ見るとそれほど違いが無いようにも思えますが、実際の操作時のレスポンスはかなり向上しますよ〜。

続きを読む "フルスペックMacmini" »

2007年2月22日

Macmini core2duo化の便利アイテム

ちょっと前から気になっていたCore2Duo用CPUスペーサーを試してみました。
モノの詳細はこちら
絶縁高域電磁波吸収ゲル+グラファイトスペーサがセットになっております。

RIMG0060.jpg

続きを読む "Macmini core2duo化の便利アイテム" »

2006年11月28日

Macmini用冷却板 その後

RIMG0014.jpg

Macmini用冷却板をテストしてみました。
テストはCoreSolo 1.5Ghzで行っております。
(測定時の気温は24 ℃ぐらいです)

続きを読む "Macmini用冷却板 その後" »

2006年11月27日

Macmini用冷却板

以前Macminiの底面冷却に使える無印良品L字アングルをご紹介しましたが、
アルミで専用のものを作ってみました。

RIMG0013.jpg

まだテストはしておりませんので、明日お知らせいたします。
(少しでも効いてくれればいいのですが)

spilog03.gif

2006年11月14日

intel Macmini のベンチマーク

intel Macmini での各種CPUのXbench結果を紹介いたします。

サンプルは下記の通り。

Core Solo 1.5Ghz
Core Duo 1.66Ghz
Core2Duo 2.16Ghz
Core2Duo 2.33Ghz

そのまま順番に貼り付けます。
けっこう誤差はありますが、目安にはなると思います。

続きを読む "intel Macmini のベンチマーク" »

2006年11月13日

まぁまぁかな。

vista.jpg

先日MicroSoftのセミナーに行った際に、Windows Vistaの
プレリリース版(RC1)をもらってきたので、Macmini上のParallels Desktop
にインストールしてみました。

32bit版と64bit版が付いていたので、先ず64bit版を試してみたのですが、
インストールDVDを起動することができませんでした。
(Bootcampでは未検証です)

32bit版はすんなりインストール可能でした。
プレリリース版のせいか、同じハードウェア条件のWinXPよりも、
ややもたつきを感じます。とくにグラフィック周りの反応が遅いような
気もします。
Webブラウジングなどの基本操作では実用レベルで動きますが、
動画の再生などは音がとぎれたりしました。

Vistaになって外見上気付いたのは、OS上でのフォントがキレイになったのと、
スタートメニュー(文字からアイコンに変わってます)の近くに検索バーと
Exposéような機能があるボタンがついているところです。
XPよりかは使い勝手は上がっているように思います。

実際的な利用の面では、モバイルでの用途とセキュリティには
ずいぶん力を入れている模様です。(まぁあたりまえですが)
標準装備されているWindows Meeting Spaceはなかなか便利そうでした。

さて、全貌をまだ明かされていないMacOSX 10.5はどんな新機能がでてくるのか
楽しみですねぇ。
まぁどうであれ、間違いなくアップグレードするんですけどね。

2006年10月30日

これはいいものだ。

box_desktop.gif


遅まきながら、Parallels Desktop for Mac をMac miniに導入してみました!
すでに日本語にローカライズされた製品が販売されていますが、
結構な価格なので、直接Parallels のサイトよりダウンロード購入しました。
インストール、利用方法などは英語表記であっても特につまずくところもなく
WinXP(HomeEditon)をインストールできております。
デバイスドライバなども自分でインストールする必要もないのでBootcampより簡単です。
(音もちゃんとなります)

続きを読む "これはいいものだ。" »

2006年10月23日

Macminiのファンコントロール

Macmini(intel)のファン回転速度を制御できるアプリケーションを試してみました。

アプリは2つほどありまして、どちらもMacPro,MacBookを
対象としていますが、Macminiでも動きます。
イシダはグラフが表示されるFan Control を使っております。

Fan Control 1.1
http://www.lobotomo.com/products/FanControl/index.html

smcFanControl 1.21
http://81.169.182.62/~eidac/software/page5/page5.html

Fan Control 1.1はインストールすると環境設定の項目に入り、
クリックすると下記のようなウィンドウになります。

fancon.jpg


Basespeedのスライドでベースとなるファン速度を変更できます。
(MacminiではRight Fanが表示されません)
Lower ThresholdとUpper Threshold間の設定で可変させる温度の領域を決定します。

一日使ってみましたが、今の季節であればCore2Duo 2.33Ghzでも
Base Speedを1200rpmに
下げても問題なく動作できています。
気温に応じていろんな設定ができるので、非常に役立つユーティリティー
だと思います。 かなりオススメ。

そういえば、このアプリで表示されるCPUの温度とTemperrature monitorで
表示される温度が微妙に違うのです。
一体どこからはき出される情報を元にしているのですかねぇ。
(若干の違いなので、利用上は問題ないのですが)

2006年10月16日

Macminiの温度測定テスト

intel CoreシリーズのMacmini搭載時の温度を測定
してみました。

mini_temperature.jpg

CPUの温度はTemperature Monitor Ver.3.9 で測定し、
排熱口と底面は温度計にて実測しました。

CPUの負荷はiTunesのビジュアルエフェクトを表示し、
30分たった時点です。

さすがに負荷時はCore2Duoの温度上昇が目立ちますが、
心配したほどではないようです。
(実際ファンの回転数はそれほど大きくなった感じもないですし、
動作が不安定になることもないです)
MacBookProやMacBookにCore2Duoを搭載するよりかは冷却的にも
余裕がありそうです。

MacminiでCore2Duoは十分アリではないかと思われます。

続きを読む "Macminiの温度測定テスト" »

2006年10月13日

余りもので

LV-677.jpg


Macminiをアップグレードしてしまったあとに、CoreSoloやハードディスクや
コンボドライブなどの残ったパーツ類があるわけなんですが、これを有効に使えないかなぁとポクポク考えてところ、MINI-ITX用のマザーボードを見つけてしまいました。

このマザーボードとACアダプタとメモリがあれば、そこそこ動くちっこいPCが
出来てしまうのです。
そしてこのちっこいPCをテレビ接続用のPCにしてみるのもいいかなと思ってみたり、
思わなかったりしてるところです。

ケースはせんべい缶かなぁ。(すでにやってる人いそうだけど)

2006年10月11日

安くて簡単なMacmini冷却術。

RIMG0012.jpg

以前のエントリーで記述しましたが、intel Macminiは筐体の底面
が熱くなります。(Core2Duoでなくても熱いです)
これは機構的にチップセットの発熱を底面に敷いた薄手のスチール板
に熱伝導させているからなのですが、結局底面の熱は逃げることが
できないので、長い時間使用するとけっこうな温度になります。

どれくらい熱くなるのかを調べてみると、負荷時(iTunesビジュアル
エフェクトをかける)には実測で50℃近くにまで上昇します。
(アイドル時で48℃、実験したMacminiはCoreDuo 1.66Ghzです)

続きを読む "安くて簡単なMacmini冷却術。" »

2006年9月 3日

Macmini に Core2Duoを載せるレポート

RIMG0001_1.jpg

箱から出されたMerom様。(スゴいフォースを感じる!)

続きを読む "Macmini に Core2Duoを載せるレポート" »

夏の終わりに高額メロンを買う。

RIMG0001.jpg

ビビりながらも、えぇい!とMeron (Core2Duo T7600 2.33Ghz)購入しました!!
値段は忘れてしまいたい・・・
パフォーマンス的にはT7400 (2.16Ghz)で十分だとわかってますが、気合い込めました。
Macminiで動くかどうかはこれからやります。
というかマジで動いてほしい。

2006年7月17日

どこまでいけるのか。

intel0.gif

Core 2 Duo/Extremeの詳細情報が公開されたみたいです。
参考リンク
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0714/intel.htm
http://www.4gamer.net/news.php?url=/review/conroe_b1/conroe_b1.shtml

次期PowerMacはおそらくCore 2 Extremeが採用されるのではないかと
見ています。

イシダ注目のCore 2 Duoですが、FSBが1,066MHとなっているではないですか!
ソケット自体も違うっぽいしMacmini(intel)には載せられないように思うのですが、どうなんでしょう?
(海外にあったMeron搭載記事はあくまでβ版なのかな)
そもそもCore2Duo は消費電力的に65Wあるので、電力、熱的にダメなのかもですね。

先日発売されたCoreDuo T2700 (クロック2.33GHz)で手をうつか・・・

2006年7月12日

帰れた。

その後、safariを開いた状態だと正常なアップルメニューが表示され、無事終了できました。
使い込んだシステムなのでやや調子悪く、強制終了したくないんですよ。

帰れたついでといってはなんですが、自宅のMacmini(intel)のご紹介を。(サイトではあんまり触れてなかったので)
mini01.jpg
えー、奥がマイMacminiでその横がLEGOでつくったShuffleドックで、手前がSAPPOROの雫です。(週末はハイネケンやギネスなどにアップグレードされます)

続きを読む "帰れた。" »

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ