メイン

Mac Book Pro アーカイブ

2011年4月11日

MacBook Pro (Early 2011) のSSD化 (Micron C400)

今年になってリニューアルされたMacBook Pro (Early 2011) SSD化をご依頼いただきました。新MacBook ProCorei7のクアッドコア化、新インターフェイスThunderboltが大きな変更点として挙げられていますが、実は密かにSATAのインターフェイスもSATA2(3Gbps)からSATA3(6Gbps)にアップデートされています。

今回取り付けるSSDは最新のMicron C400 256GBをセレクトしました。前モデルのC300ですでに6Gbpsに対応していましたが、C400は読み出し415MB/秒、書き込みが260MB/秒に性能アップしています。(C300は読み出し355MB/秒、書き込み 225MB/秒)


SANY0534.jpg


続きを読む "MacBook Pro (Early 2011) のSSD化 (Micron C400)" »

2010年4月15日

新型 MacBook Proを見てきた。

apple-02_s.gif

昨日、販売開始された新MacBookProをAppleStore(渋谷)に見に行ってきました〜。
初日だっただけに1Fのデモ機の回りには結構多くの方がいました。

さっそく、実機を触るやいなやシステムプロファイラを起動。(コレやる人、かなりMac好き)
Mac Bookで6Gb/s対応SSD(Crucial C300)を使っているものとして気になるのがSATA3対応です。SATAの項目を確認してみましたが、リンク速度が3ギガビットになっていたのでSATA-2のままかもしれません。
チップセットは 15,17インチモデルでは intel 5シリーズ 、13インチでは MCP89 (Nvidia)になっていました。 (AHCI Version は1.30サポート)
見ていて、気になったのがリンク速度と確立リンク速度の表記です。(10.6.3から表記が変わっている)
13インチ、15インチモデル共に、リンク速度は3ギガビット、確立リンク速度が1.5ギガビットとなっていました。(いずれもハードディスク接続)

家に帰って、MacBookで同じ項目を見てみるとリンク速度と確立リンク速度ともに3ギガビットです。どうやら、接続するデバイスによって確立リンク速度が切り替わり、SSDなどの高速デバイスでは3ギガビットにになるのではないかと。
SATA.jpg

話は戻り、新MacBook Pro。スペックを見ると相当欲しい感じがしていたのですが、実物見るとやっぱり自分は13インチの大きさが好きなんだと再確認してしましました。(15はちょっとでかいんですよねぇ)13インチで1440x900表示、CPUはCorei5 、SATA-3サポートというMacBook Proを切望します!

2009年10月14日

MacBook Pro 17インチのSSD化

旧タイプのMacBook Pro(17インチ)のハードディスクをSSDに換装いたしました。
交換用のSSDはちょっと前のエントリーでご紹介したintelのX25-M Mainstream SATA SSDの160GBです。人気のため一時品切れが続いていたのですが、ここ最近出荷が再開されたようです。
IMG_0706.jpg
IMG_0708.jpg

元のハードディスクが100GBだったので、容量的には少しアップしたことになりますが、速度面では大きな改善を得ることが出来ます。同時にメモリも4GB(2GBx2)に増やしていることもあって、体感的には新しいMacに買い換えたほどのインパクトを感じられます。速度アップにはやっぱりSSDが効きますね!
IMG_0710.jpg

続きを読む "MacBook Pro 17インチのSSD化" »

2009年6月16日

MacBook (15インチ Unibody)のキーボード交換

今回はMacBook (15インチ Unibody)のキーボード交換を承りました。
日本語キーから英語キーへの交換です。
表面上は簡単そうな作業に聞こえるのですが、実はこれがなかなかたいへんな作業なのです。
ご存じの方も多いかと思いますが、 現行の UnibodyタイプのMacBookおよびMacBook Proは言語ごとにキートップを含めてボディが形成されています。(キートップのくりぬいた穴の位置が異なります)
ですので、単純にキーボード部分を交換というわけにはいかず、ボディを含めて交換しなければなりません。しかも内部のロジックボード、光学ドライブ、ディスプレイなどの部品はこのボディを基礎にして取り付いているので、作業としてはほぼ全てを分解して組み替える必要があります。
IMG_0111.jpg

IMG_0112.jpg

IMG_0113.jpg

こういった作業は取り外したねじの管理が意外に重要です。
イシダの場合は工程ごとにネジを保管しています。(無印良品のスタック出来るケースがおすすめ)
IMG_0115.jpg

無事交換作業を終えました。
英語キーは、見た目がすっきりして格好良いですねぇ。

2009年1月 7日

Mac World 2009

apple1_04.gif

事前の予想どおり、サプライズは無かったですね。
目立ったところでは、MacbookPro 17インチのユニボディ化とiLife-iWorkでしょうか。

MacbookPro 17インチも格好良いとは思うのですが、見た目でキーボードが窮屈そうに感じてしまいます。横が広くてスペースがあるのだからキーボードもテンキー付きにすれば実用的で良いと思うのです。(それでこそデスクトップマシン代わりになるのではと)

それにしても、売りである駆動時間の長さは魅力です。
電気料金の料金の安い深夜に充電しておけば、昼はほぼバッテリーだけで使うことも可能です。
実は非常にエコで経済的なコンピューターかもしれないですね。

2008年11月 1日

Mac Book ProでSSD (Super☆Talent)

ネット用に購入したMacBook Pro(15インチ 2.16GHz Intel Core2 Duo )をなるべく高速可し、画像処理などの作業用に使いたいとのご相談を受けました。新型Mac Book Proの購入も検討されたそうですが、液晶のクリアパネルが好きではないのとOSX10.4Tigerでしか利用できないソフトウェアがあったとのことです。

一世代前のMacBook Proといっても、すでにメモリも最大容量にされています。この状態からはっきりと高速化を体感できるアップグレードとしてSSDへの換装をご提案させていただきました。

高速性では以前のエントリーで紹介したIntel X25-Mが圧倒的な速さを誇りますが、容量が80GBであるのと価格が高いのがネックです。当該のMac Book ProはSATA2に対応していないこともあり、現状で容量と価格のバランスが取れたSuper Talent(FTM28GL25H) 128GBを採用しました。

Super Talent(FTM28GL25H) 128GBは読込速度150 MB/s、書込速度100 MB/sというように、各社のSSDのなかでも高速な部類に属します。
SANY0142.jpg

続きを読む "Mac Book ProでSSD (Super☆Talent)" »

2008年2月 8日

Mac Book Pro のハードディスク交換

今日は、MacBook Pro のハードディスク交換を行いました〜。(他にもいろいろやってますが)
現行品の17インチモデルで、160GBから320GBへの交換です。
デスクトップマシン代わりに使うとなるとやはり320GBは欲しいところですね。(ノート用のハードディスクでは現在320GBが最大容量です)
RIMG0131.jpg


作業の難易度はPowerBookG4(アルミ)と同じぐらいでしょうか。アルミニウムの筐体は曲がりやすいのでいつも注意しながらやっております。

RIMG0137.jpg

きっとLeopardもさくさく動くんでしょうねぇ。MacBookProの17インチは実物をみるたびに「社長専用Macや〜」とこころの中で羨望の声をもらしてしまいます。

続きを読む "Mac Book Pro のハードディスク交換" »

2007年4月 5日

あなどれない。MacBookPro

RIMG0094_2.jpg

MacBookProのUSキーボードへの交換作業を行いました。
他のBookタイプと同じように作業時間(30分ぐらい)を見積もっていたのですが、実際行うとかなり難しめでした。

キーボードを外すには、パームレストを含めたカバー部を外して、コネクタを外し、ネジを外し(小さくて多い)、ちいさな留め金(細くて小さい)を外し、といろんなものを外しまくらないといけないのです。初めてやった作業ですが、慎重に、順序を迷いながらも完遂できました。
(結局1時間半はかかりました)

RIMG0096.jpg

次回行うときは半分ぐらい時間短縮したい所存です。

話変わりますが、現行のCinemaDisplayの値段が下がりましたねぇ。
23インチが114,800円。欲しくなってきた。

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ