メイン

iMac アーカイブ

2015年2月 9日

iMac 2012 Late のSSD増設

iMac 2012 Late 27インチモデル SSD増設のご依頼をいただきました。
購入時にBTOカスタムしてハードディスク3TBモデルを使ってこられたようですが、OSのアップデートで何かともたつきを感じるようになったそうです。そこで起動ドライブの容量はそのままでSSDを増設しFusion Driveとして設定する提案をいたしました。

iMac 2012 Lateモデルのストレージは 3.5インチ 1個とフラッシュモジュール型SSD(SATA3)1個が搭載できます。しかしながら、SSDを取り付けるスロットはロジックボードの裏側(ディスプレイ正面から見て)に位置しています。取り付けるためにはいったんロジックボードを外す必要がありますのでなかなか難易度が高い作業になります。
IMG_5266.jpg

続きを読む "iMac 2012 Late のSSD増設" »

2013年5月10日

iMac 2011 mid のCPU交換にご注意を。

images.jpeg
iMac 2011 mid に取り付け出来る最上位のCPU Core i7 3.5Ghz (2700 , 2700k)が現時点でOSX 10.8 Mountain Lionに非対応であることはご存じの方もいらっしゃると思います。10.8ではインストール時に再起動を繰り返し、カーネルエラーが表示されます。(インストール時だけでなく外付けHDDなどにある既存の10.8xのシステムでも同様です)
これはOSシステムにおいて起動時にCPUをチェックしてAppleの想定するCPU以外では起動できないように制御されているのが原因と考えられます。
では、現行のiMacで採用されている3.4Ghzでは大丈夫かというと、そうでもありません。
Core i7 3.4Ghzには 2600と2600kの型番があります。同じクロックでも2600kはオーバークロック対応の上位バージョンとして販売されています。OSX 10.8のシステムにおいてもクロック数でなく厳密にCPU IDを判別していて3.5Ghz CPU (2700, 2700k)と同じようにインストール、起動ができないのです。(3.4Ghz 2600は10.8インストール、起動問題ありません)
*Core i7 2600kでもCCCによるシステム転送後、数度10.8が起動できたり、Vモード起動では起動できることがあったりします。起動してしまえば問題なく利用できるので、制御は起動時のチェックのみのようです。

今後iMacがアップデートされて3.5Ghz(2700)も対応になる可能性は高いように思いますが、2600kと2700kはコスト高でAppleが採用することはなく、非対応のままになりそうです。

2012年3月14日

Core i7 - 3.5Ghz (2700k)の最強iMac

iMac 2011Midの下位モデル(Corei5 2.7Ghz )をベースにした最強iMacのアップグレードを承りました。

交換用CPUSandy Bridge世代のiMacに搭載できる最高の3.5Ghz (2700k)をチョイスしました。このCPUは現段階でAppleBTOでも選択できません。(Corei7 3.4Ghzが最高)

corei7.jpg

iMac Mid2011においてCPUを交換する場合は完全にロジックボードを取り外す必要がありますので、なかなか難易度が高い作業になります。

imac00.jpg

続きを読む "Core i7 - 3.5Ghz (2700k)の最強iMac" »

2011年12月12日

iMac Mid 2011モデルのHDDファン制御について

以前のエントリーにてiMac Mid 2011モデルのハードディスクはApple独自仕様(ハードディスクの温度計測センサーラインを含む)になり、専用(Apple純正)のドライブを取り付ける必要があるという事をお知らせしました。純正以外のハードディスクを取り付けるとファンが暴走してしまうからです。

spiricaでも、3つめのSATAポートにSSDを増設する作業は行っておりましたが、ハードディスクの交換はお断りしている状況でした。

ところが最近、HDD Fan Contorolというソフト(シェアウェア)を使えばiMac Mid 2011モデルでもハードディスクを交換し、ファン回転スピードを制御出来るという情報を得ました。

imac01.jpg

続きを読む "iMac Mid 2011モデルのHDDファン制御について" »

2011年8月10日

iMac (Mid 2011) のSSD(SATA3)増設(追記)

前回のエントリーにてiMac (Mid 2011) SSD増設を紹介しましたが、その後取り付け方法に新事実が判明しました。

iMac (Mid 2010)27インチモデルではSSDの取り付け位置はグラフィックカードの下に配置されるのが標準でしたので同じ方法を採用しました。ところが、iMac(Mid 2011)27インチから取り付け位置が変更されて光学ドライブの下に収めるの標準となっていたのです。

前回の作業時には気が付かなったのですが、光学ドライブのスペースに3カ所ネジ受けがあります。


SANY0579.jpg

続きを読む "iMac (Mid 2011) のSSD(SATA3)増設(追記)" »

2011年7月13日

iMac (Mid 2011) のSSD(SATA3)増設

5月にリニューアルされたiMacは内部アーキテクチャにSandy Bridgeを採用し、Thunderboltインタフェースを採用したのが大きな変更点。しかしながら、大々的にはアピールされていませんが、MacBookPro(Early 2011) と同様にSATA3が採用されています。

さらにiMac (Mid 2010)モデルと同様にSATAインターフェースが3つ内蔵されていますので、SSDを追加で増設することが可能です。AppleのBTOではSSDのオプションも選択できますが、現時点では採用されているSSDはSATA2のドライブとのことです。もちろんSATA2のSSDでも十分な速度は体感できますが、できればさらに高速なSATA3を搭載したいという要望があるのも事実です。


SANY0537.jpg


続きを読む "iMac (Mid 2011) のSSD(SATA3)増設" »

2010年10月20日

iMac (Mid 2010) 27inch のSSD追加作業 その2

先日のエントリーでもiMac (Mid 2010) 27inch のSSD追加作業を紹介させていただきましたが、今回はApple純正のSSDマウンタを使用した方法です。
こちらのマウンタはVintage Computerさんで「iMac 27インチ Mid 2010用 内蔵SSD取り付けキット」 として販売中です。

SANY0508.jpg
ケーブルやネジも付属しています。
















マウンタの詳細
SANY0509.jpg
SANY0510.jpg
表側
















裏側

続きを読む "iMac (Mid 2010) 27inch のSSD追加作業 その2" »

2010年8月20日

iMac (Mid 2010) 27inch のSSD追加作業

先月アップデートされたiMacシリーズ、主な変更点はCPUが全モデルintel Coreiシリーズに置き換わったことが注目されました。それに加え、地味なところではありますが、Apple StoreのBTOでハードディスクだけでなくSSDが選べるようにもなっております。(27inchのみ)
このSSDの選択はハードディスクや光学ドライブと置き換えるのではなく、あくまで従来のハードディスク+光学ドライブの構成にSSDを追加する形式です。まぁ、早い話、新しいiMacはドライブを接続できるSATAポートが3つに増えたということなります。

BTOではじめから、SSDを追加しておけば問題はありませんが、購入時の予算や構成の事情(店頭で購入した場合など)で、後ほどSSDを取りつけることになることも十分ありえます。今回はお客様の希望で iMac Corei5 1TBのモデルに 160GBのSSD(intel) を追加取り付けする作業を承りました。

先ずはシステムプロファイラでシリアルATA装置ツリーを確認して見たところ、やはり1つ空きがあることがわかります。

SANY0445.jpg

そしてiMacを分解して追加のSSDをどこに設置するかを検討します。一番スペースに余裕があって配線も問題が無いのは光学ドライブの裏だと考えました。

SANY0446.jpg

続きを読む "iMac (Mid 2010) 27inch のSSD追加作業" »

2010年6月 2日

手書き最高!iMac(G5) でホワイトボードを作る!

Macリサイクル規格第2弾、ということで今回はiMac (G5)でホワイトボードを作ってみました!(前回はこちら)
SANY0366_4.jpg

今回はiMac G5 17インチの故障品を利用しました。
以下作り方です。

続きを読む "手書き最高!iMac(G5) でホワイトボードを作る!" »

2010年5月11日

iMac Early2006 (Intel) の電源修理

使用していて突然電源が落ちて以来、起動しなくなってしまったiMac (Early2006 intel CPU)の修理を承りました。検証したところ、このモデルにわりと多い電源ユニット(AC-DC)の故障が原因でした。
SANY0252.jpg

交換用に用意した電源です。(画像上、下は元の電源)
SANY0253.jpg

よくみて見ると基盤の色や部品の構成がかなり違っているのですが、ちゃんと動作いたします。(新品電源です)
SANY0254.jpg

ご存じの方も多いかもしれませんが、iMac (Early2006 )とiMacG5 の最後期型(iShigt搭載)の電源ユニットは共通の仕様で互換性があります。
今のところ、どちらの機種においても電源修理は承れますので、問題が発生した場合は、是非ご相談くださいませ。

続きを読む "iMac Early2006 (Intel) の電源修理" »

2010年3月18日

iMac Corei7 でSSDを2個積みする!(RAID 0)

最新SSD Crucial RealSSD C300 256GBを2個搭載してRAID 0(ストライピング)にしてテストしてみました〜。

iMacでSSDを2個積みするには、まず光学ドライブを取っ払う必要があります。
MCEのマウントキットもありますが、急遽必要だったのでアキバでノーブランドのマウントキットを用意しました。(東映テクノハウスで売ってた)
SANY0264_2.jpg

iMacの光学ドライブもSATA接続ですので、このマウントキットは mini SATAコネクタを通常のSATAコネクタに変換することになります。

もちろん既存のハードディスクは同じSSDに交換済みです。
(現時点ではこのSSD 2個でiMac 27インチ :3.06GHzが買えてしまうという暴挙・・・)
SANY0267_3.jpg

外付け光学ドライブのインストールディスクから起動し、ディスクユーティリティでソフトウェアRAIDを設定します。速度優先なのでストライピング(RAID 0)で構築しています。

crucial256raid.jpg

OS起動動画です。起動項目にsafariとGoogle Earthを入れていますが、瞬く間にアプリが立ち上がります。


気になるベンチ結果はこちら。(Xbench)

Sequential
Uncached Write 210.30 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 278.28 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 26.62 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 331.69 MB/sec [256K blocks]

Random
Uncached Write 97.51 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 284.18 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 10.04 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 300.30 MB/sec [256K blocks]

単独接続よりも速いことは間違いないのですが、RAIDによって理論上の最大値が600 MB/secであることを考えると、あまり効率的ではないことがわかります。(intel SSD単独接続の結果はこちらで)
ソフトウェアRAID、チップセットの性能限界がボトルネックになっているようです。

Crucial RealSSD C300の性能をフルに活かせるMacの登場が待ち遠しいですね。

続きを読む "iMac Corei7 でSSDを2個積みする!(RAID 0)" »

2010年2月18日

Core i5のiMacもSSD !

液晶の枯渇か、コストパフォーマンスの良さからか、発注しても現在2週間待ちになる新型iMac 27インチ。今回は上位機種のCore i5モデルでのSSD化を承りました。

基本的な作業は以前に行ったCore i7モデルと同様で、SSDもintel X25-M (34nm版) 160GBを使用しています。取付時のマウンタはSSD(リテール版)に付属していたものを利用。
SANY0259.jpg

SANY0261.jpg

続きを読む "Core i5のiMacもSSD !" »

2009年12月 6日

惚れてまう、その性能。 〜 intelだらけのCore i7 iMac 〜

SANY0203.jpg

今回は先日出荷開始されたばかりのCore i7 搭載iMac(27inc 2.8Ghz)のSSD化を承りました! 搭載するSSDですが、ご依頼者の意向(容量よりも速度優先)によりIntel X25-M (34nm版)を選択しました。
元々搭載されているハードディスク(1TB)は3.5インチの大きさですので、実際の取付に際してコネクタ、ねじ穴を従来と同じ位置に設置できるマウンタを用意しました。
SANY0206.jpg
SANY0208.jpg

SSDのマウンタの取付はネジも使わず簡単に取り付けできるすぐれものです。

続きを読む "惚れてまう、その性能。 〜 intelだらけのCore i7 iMac 〜" »

2009年11月 4日

新型iMacを見てきた。

遅らせばながら、新製品のiMacを見てきました〜。

27インチの本体は、なかなかインパクトありました。2560 x 1440ピクセルの解像度で168,800円とはやってくれます。下あごも薄く、さらにスタイリッシュになってます。使い道も無いのに無性に欲しくなってしまいますね・・・

話題のMagic Mouseも実際に操作してみてました。
が、不慣れなせいもあるかと思いますが、タッチパッドによるスクロールが今ひとつしっくりきませんでした。(以前に、タッチスクロール式のマウスを使った時も結局なじめなかった)
これまで新型は必ず即行でゲットしてきたのですが、今回のマウスの購入は見送ります。
なぜなら、タッチスクロールの問題よりもバッテリーが従来と変わらない単3型電池の仕様だからです。イシダはどうしてもマウスが重くなるのがいやなのです。
それに、ワイアレスマウスというもの自体、頻繁に電池交換が必要なうちは未完成で今ひとつスマートではないと思うのです。少なくとも毎日使って半年以上電池交換しなくても良いか、画期的なマウスの充電システムがAppleから発明されることを期待したいところです。

ふだんの仕事中はMacBookをモニタに繋ぎ、デスクトップ仕様でマウスを使っています。毎日利用する上では軽くて低コストな有線Mighty Mouse(現 Apple Mouse)が現状では最善ということになってしまいますので、スクロールのグリグリが完全に効かなくなるまでは使用したいと思います。


ところで、昨日の夕暮れ時、近辺をふらふらと散歩していたら西郷山公園(目黒区)から富士山が見えました!
休日で空気が澄んでいたせいでしょうか。東京23区内から富士山が見れる機会はそうないのでちょっと感動しました。中央下部でちょこっともりあがっているのがそれです。(iPhoneで撮影しました。もっとキレイに撮れるデジカメを持ってなかったのが悔やまれる・・・)
fuji.jpg

2008年10月23日

iMac Early2006 (Intel) のCPU交換

突然電源が入らなくなってしまった intel iMac。修理はもちろん、できることなら同時にCPUのアップグレードもしたいとのご希望をいただき、作業を行いました。

まず、起動不可の原因は予想通り電源部(AC-DCユニット)の故障によるものでした。
intel iMacはiMacG5の初期型と違って電源ユニットが液晶パネルの裏側に潜んでいます。やや難しめの作業ではありますが、新品ユニットに交換すると難なく起動できるようになりました。
SANY0041.jpg


動作を確認した後で、今度はCPUの交換を進めました。
iMac Early2006は CPUがIntelになった最初のiMacです。見た目はほとんどiMac G5 と見分けが付きませんがCPUはCore Duoの1.83GHz(17インチモデル)が搭載されています。取り付け部分はMac miniと同様にソケット式が採用されていますのでCPUも交換可能なのです。
今回の作業ではiMac Early2006に取り付けられるCPUでは最速のCore2Duo T7600 2.33Ghzを搭載します。

CPUのソケットはロジックボードの上側に位置するので、交換するためにはほぼ全ばらしとなります。ソケットからの脱着、交換方法はMacminiと同じです。

SANY0045.jpg


SANY0044.jpg


全てのパーツ、配線を組み戻すとCore2Duo iMacとして復活です!
Macminiと同様でCore2Duo化により大幅なパフォーマンスアップが可能です。
(個人的には白 iMacの方がポップな感じで好みです)


SANY0046.jpg


SANY0049.jpg


初期のIntel iMacにおいてCPU交換は非常に効果的で、オススメではあるのですが、現状では対応可能なCPUが入手困難な状況です・・・

追記:10/23 VintageComputerさんでCore2Duo 2.16Ghz ,2.33Ghzの再入荷があったそうです。
アップグレード希望の方はお早めに。

続きを読む "iMac Early2006 (Intel) のCPU交換" »

2007年10月19日

iMac (intel core duo)のハードディスク交換

10月も半ばをすぎて、気温がさがってきましたね。
イシダはここ2,3日カゼをひいてしまい、体調を崩してしまいました・・・
だいぶ流行っているようですので、みなさまもどうかご自愛くださいませ。

と、そんな健康管理もままならぬ輩の前置きはさておき。
先日iMac (core duo)のハードディスク交換を行いました!

続きを読む "iMac (intel core duo)のハードディスク交換" »

2007年8月27日

iMac G4のアップグレード作業

今回のiMacG4 アップグレード作業はハードディスクと光学ドライブの交換を行いました。


Appleは正式に発表していませんが、iMac G4はビックドライブにも対応しています。
ハードディスクはコストパフォーマンスの良い160GB、
光学ドライブはDVDマルチドライブです。(DVR-112)

取り外したハードディスク、DVDドライブのユニットです。
RIMG0174.jpg

左が元のハードディスク、右が新しいハードディスクです。
RIMG0175.jpg


同じ3.5インチドライブでも新しい方はずいぶん薄くなっています。
しかも、重さは650gから365gへ軽量化されています。
(デスクトップで重さはあんまり関係ないかもですが)
RIMG0176.jpg

データ転送速度、キャッシュサイズは元のハードディスクよりも進化していますので、
新しいものに交換だけでも確実に体感速度は向上します。

RIMG0179.jpg

だいふくiMacもまだまだご賞味いただけます!
(上の画像ではちょうちんおばけみたいですが)

2007年5月17日

iMac (ボンダイブルー)のFBT交換

RIMG0129_1.jpg

だいぶ暑くなってきましたね!今日はアツい作業を行いました。

iMac (ボンダイブルー)が、電源を入れても画面が出てこず、起動できなくなってしまったというご相談をいただきました。もはや古い機種ですがSonnetの600MhzのCPUアップグレード施行済みなので、できれば修理したいとのことです。

続きを読む "iMac (ボンダイブルー)のFBT交換" »

2007年3月28日

iMac (intel) の光学ドライブ交換

RIMG0089.jpg

iMac (intel Core Duo)の光学ドライブ交換を行いました。

DVDのメディアが出てこなくなり、光学ドライブが故障しているようなので、新しいドライブに交換して欲しいとのご依頼をいただきました。

ご自身で途中までやってみたけど、無理とご判断されたようです。
たしかにフラットパネルタイプのiMacはiShightが内蔵されてから、バラしの難易度がググッとあがります。(iMac G5の初期型は裏蓋をあけるだけで内部にアクセスできます)

工程を紹介しようと思ったのですが、液晶パネルを外すなど、わりとシビアな作業をおこなうあまり、画像を撮るのを忘れてしまいました・・・(もっとも、両手使ってカメラを持つ手が空かなかったりもするのですが)

また機会があれば、詳しくご紹介します。
もちろん、作業は無事完了いたしましたよ。

RIMG0086.jpg

2006年9月 1日

DVも冷やしたるねん。

RIMG0195.jpg

先日iMacDV(ダルメシアン)が不調とのことで検証のご依頼を受けました。
原因が発熱かどうかを切り分けるために、即興でUSBファンを作ってみました。

続きを読む "DVも冷やしたるねん。" »

2006年8月23日

ボンダイ再訪

RIMG0214.jpg

初代iMac(G3 233Mhz)のほぼフルアップグレードを行いました。
購入以来あまり使用しないままになっていたiMacを、OSXで日常的に
利用できるレベルに復活させたいというご依頼です。
購入以来ハードウェア的にはメモリ以外は手を入れていない状態ですので、
内部はかなりの変更を加えることになりました。

続きを読む "ボンダイ再訪" »

2006年8月 2日

くびふりヘッドのiMac

iMac G4 の光学ドライブ交換を行ないました。

RIMG0150.jpg

今回は内蔵の「コンボドライブ」を、DVD作成可能なものにしたい
ということで、ご依頼をいただきました。

続きを読む "くびふりヘッドのiMac" »

2006年7月27日

夏でもsnow!

iMac DV (600Mhz)の光学ドライブ交換を行ないました。
RIMG0149_1.jpg

今回の作業はコンボドライブ(CW-8124)への換装です。

続きを読む "夏でもsnow!" »

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ