« iPod大容量化、ついに3倍越えの500GBを達成。 | メイン | 大容量すぎる!? 1TBのiPod »

Macmini 2014 のSSD交換作業

Macmini 2014 モデルのSSD交換作業を行いました。もともとPCIeモジュールのSSDとハードディスク1TBが搭載されている個体ですが、1TBのハードディスクを2.5インチ SATA SSD 512GBに交換するご依頼を受けました。
外観からは従来のMacminiと全く変わりありません。
裏返してみると同じように黒い円形のフタがありますが取り付け方法が異なっています。
従来はフタを少し回転させて引き上げる固定方式でしたが、2014モデルは固定ネジの上にキャップ方式でかぶせる仕様になっています。

01.JPG


開け方は一斗缶や柿の種缶と同じようにへらを使って押し上げます。
02.JPG

フタを開けると円形の金属シールドが6カ所のネジで固定されています。
おもむろにトルクスT6ドライバーでネジを外そうとしたのですが・・・
回りません。というかドライバーがねじ山にかかりません。
03.JPG


ネジ頭をよく見てみるとトルクスの型の真ん中にいじり防止の突起があります。
持っているT6ドライバーの中央には穴が空いていなかったので入らなかったわけです。
(このいじり防止付きのネジは正確にはT6ではなくTR6ということになります)
04.JPG

トルクスのT6ドライバーは3本持っているのですが、いずれも中央に穴が空いていなかったのでいったん作業中断しました。。 それで速効Amazonでトルクスドライバーセットを注文、翌日届きました。はやい! このトルクスドライバービットセットはT1からT8、あと三角の特殊タイプ4つがセットになっています。ビットがドライバーの柄部分に収納できるので紛失しにくいと思います。(シャフトも伸長可能です)
13.JPG

T5〜T8のビットにはいじり防止ネジ頭に対応した穴も空いています。使い勝手も良く1,300円程度なので非常にオススメです!(T5,T6,T7辺りでいじり防止対応穴が空いているものって探すと結構無かったりします)
14.JPG


さっそく金属シールドを外しました。PCIe SSDモジュールがすぐに見えます。ハードディスクはモジュールの裏側に位置しているので電源やロジックボードを外してから交換する必要があります。
05.JPG

ロジックボード上のネジや接続コネクタを外してロジックボードを引き抜きます。

06.JPG

今度は電源ユニットを引き抜きます。
08.JPG

これでようやくSSDとハードディスクが固定されたマウントパーツを外すことができました。
09.JPG

取り付けられていたハードディスクを外して512GB SSDを取り付けます。
あとは逆の順番で組み上げれば作業完了です!
10.JPG



ピーツール(P.Tool) マイクロ精密特殊ビットセット 差替式ペンタイプ 12in1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/870

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ