« iMac Mid 2011モデルのHDDファン制御について | メイン | Core i7 - 3.5Ghz (2700k)の最強iMac »

Crucial SSD m4 とMicron C400のMacにおけるファームウェアアップデート方法

Crucial SSD m4シリーズ Micron C400において、マイクロン社がファームウェアの不具合があることを認め、問題を回避する新ファームウェアを発表しています。

Crucial m4Micron C400は名前は違いますが、同製品でファームウェアも同じです)また、対象ファームウェアは対策ファームウェアより前のファームウェアが全てですので、範囲は広いです。


関連情報:Crucial m4の「不具合対策ファーム版」が販売中

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120114/etc_crucial.html


日本の販売代理店のお知らせページ

http://www.cfd.co.jp/news/release/release20120120.html


不具合の事象:

使用時間が5,184時間(18時間使用で約18ヶ月)を超えるとSSDが認識されなくなり、ブルーバック状態になります。

その後PC電源再投入で復帰しますが、約1時間後に使用時間情報がSMARTに送信され、同様のブルーバック状態になります。

以降その繰り返しとなります。


回避方法:

Firmwareのアップデートにおいて回避可能です。

現在Crucial webサイトにて、対策Firmware(0309)がリリースされており、こちらを適応することにより本事象が回避されます。


Macではブルーバックになりませんが、カーネルパニックになる可能性があります。

通算の使用時間が5,184時間ということなので、ただちに不具合に遭遇する問題ではなさそうですが、対処しておいた方が良さそうです。

ファームウェアのアップデート方法はWindowsで解説されているので、Macに置ける方法・手順をご紹介します。

*ファームウェアのアップデートの前にはTime Machine などでバックアップを取っておくことをオススメいたします。


1.現在のSSDファームウェア バージョン確認

システムプロファイラ(プログラムフォルダ→ユーティリティ内)を起動してハードウェアのシリアルATAの項目を選択。

右側のペイン上段(シリアルATA装置ツリー)からSSDを選択し、ペイン下段に表示されたリビジョンを確認する。

00010009はファームウェアアップデートの必要があります。0309の場合はすでに対策アップデート済みです。

(画像クリックで拡大)

0121-1.jpg


2.Crucialダウンロードページよりファームウェア 0309をダウンロードします。

  Version 0309 の段の右 firmware のリンクを押すとダウンロードが

  始まります。(どの容量でも同じファームウェアです)


3.ダウンロードフォルダに Crucialm4_0309.zip というファイルができますので、ダブルクリックします。


4.同じフォルダ内に crucial-0309.iso というイメージファイルができます。


5.ダブルクリックするとCDROMというディスクイメージとしてマウントされます。


6.ディスクユーティリティ(プログラムフォルダ→ユーティリティ内)を起動します。左側のペインにディスクイメージがマウントされています。


7.左側のペインのcrucial-0309.isoを選択した後に、上段の「ディスクを作成」ボタンを押します。


8.ポップアップウィンドウが開いたら空のCD-Rを挿入して、ディスクを作成」ボタンを押します。

(画像クリックで拡大)

0121-2.jpg

9.ディスク作成が完成したら、Macを終了します。(作成したCD-Rは挿入したままで)


10.電源+OPTIONキーで起動ドライブ選択画面を表示させます。

   (OPTIONキーは選択画面が出るまで押し続けます)

11.CD-Rがマウントされた後でWindowsと表記された光学ディスクイメージを選択して起動させます。

0121-5.png


12.下記のようにスクリーン表示されます。 C400 512GBの場合 0002が現在のファームウェアバージョンです。

0121-6.jpg


13. "Update Firmware on this drive?(このドライブのファームウェアをアップデートしますか?)"と表示されたら、アルファベット小文字で"yes"    と入力し、"Enter"キーを押すとアップデートが開始されます。画面は下記のように表示されます。 


0121-3.jpg


14.アップデートに要する時間はSSD内のデータの量によって異なります。使用容量がほとんどない場合には、アップデートは数秒で終了します。    ほぼ限界まで使用している場合には、アップデートプログラムがユーザーデータを保護するため、3~4分程度かかります。


15.完了すると、下記のようなメッセージが表示されます。

0121-4.png

Current Firmware is 0309 になっていれば完了です。


16.電源ボタンを長押しして、Macの電源を切ります。


17.OSを起動して、手順1と同様にファームウェアのリビジョンを確認します。

  0309になっていれば問題ありません。


 






トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/847

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ