« iMac (Mid 2011) のSSD(SATA3)増設(追記) | メイン | Macmini (Mid2011)のSSD増設作業 (SATA3) »

MacBookAir (Mid2011) のSSD交換作業

新型MacBookAir (Mid2011) 11インチモデルのSSD交換作業依頼を行いました。

もとの内蔵SSD128GBですが、より大容量480GB へのアップグレードです。

交換用のSSDOWC Mercury Aura Pro SSD 480GB for MacBook Air Late 2010/Mid 2011 です。容量はもちろん、読み取り速度も公称で最大速度: 275MB/secの高速仕様となっています。

SANY0598.jpg



MacBookAirのボトムケースを留めているネジはプラスやトルクスでもなく、特殊なねじ山(ペンタグローブ)になっているので注意が必要です。

(OWCのMacBookAir用 SSDには作業に必要なペンタグローブ、トルクスドライバが付属しています)

SANY0597.jpg

MacBookAir (Mid2011) のSSDはSamsung または東芝のSSDが取り付けられています。速度が違うものが混在しているそうですが、今回の作業対象のMacBookAirは東芝製のSSDが取り付けられていました。


SANY0601.jpg

交換し終えたところ。筐体のフットプリントの2/3がバッテリーのセルで埋められています。

SANY0611.jpg


MacBookAir (Mid2011) にはOSのインストールディスクが付属しません。

交換後のSSDのフォーマット、インストールには予めLion Recovery Disk Assistantで作成しておいたメディアまたはインターネットリカバリーを利用することになります。今回は手軽なインターネットリカバリーを実行しました。(ダウンロードにやや時間はかかります)



起動時にCommand+R キーを押すとAirmacネットワーク(無線LAN)を選択する画面が表示されます。

SANY0602.jpg


ネットワークを選択、パスワードを入力してログインします。

SANY0603.jpg


ログインすると、Lionインストーラーのダウンロードが始まります。

SANY0606.jpg


完了するとウェルカム画面が表示されます。言語選択の後

Mac OSX ユーティリティが表示されます。

SANY0607.jpg


SANY0587.jpg


ディスクユーティリティを起動し、SSDをフォーマットします。

SANY0608.jpg

その後Mac OSX ユーティリティに戻り、Lionのインストールを進めます。

SANY0593_2.jpg


Lionをインストール完了したMacBookAir 。

11インチモデルはコンパクトながらも快適にタイピングできるのがいいです!

SANY0612.jpg


SSDのベンチ結果です。読み取りの最高速度は250MB/sec の値が出ました。公称値275MB/secに届きませんが、十分高速ですね。


MacBookAIrをメインマシンとしてバリバリ利用したい方にオススメのアップグレードです~。

mba11.jpg


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/840

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ