« Vintage Computerさまからのお知らせ | メイン | ペットボトルのフタでケーブルタイを作る。 »

PowerMacG5の筐体をスツールにしてみた。

年内業務も無事終了し、今日は作業小屋のおそうじ。ついでに、前からやろうと思っていたG5(故障品)のスツール化も実行しました。

といっても大層なものでなく、内部のパーツを取り払って、上部に厚手のフェルトを貼り付けただけです〜。(そのままだと冬おしり冷たいので)
IMG_1046.jpg



IMG_1035.jpg

IMG_1039.jpg

内部は棚状になっていて、ブーツや靴メンテナンスグッズを収納可能です。(男物のごついブーツは入りません・・・)また、サイドには針金で靴べらもかけられるようにしています。
IMG_1042.jpg

玄関に置くとブーツの脱ぎ履きが楽になります。 スツールの高さもちょうど大人が腰掛けるのによい感じで、妊婦やお年寄りがいる家には最適かと思います。

たぶんPowerMacG3やG4でもできそうなので、今度やってみます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/831

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ