« iMac Early2006 (Intel) の電源修理 | メイン | Macのコンピューター名にご注意を。 »

時代はSIMロックフリー! b-mobile WiFiルーターを使ってみた。

ここ最近モバイル分野でアツいSIMロックフリーなb-mobile WiFiルーターを買ったので、超簡単こまぎれレビューします!
(詳細なレビューはこちらがおすすめ)

b-mobile WiFiルーターの箱はAppleを猛烈に意識したパッケージ。
SANY0344.jpg

SIM U300は1年使い切りをタイプ単体で入手。
SIMをもぎ取って本体に装着。裏カバーは簡単に脱着できます。
SANY0336.jpg
SANY0337.jpg
SANY0338.jpg

大きさはiPhoneより一回り小さく重量は73gで軽い。
SANY0343.jpg
SANY0342.jpg

SIMの使用開始は専用ダイアルに電話して、自動音声案内に沿って行う。
(5分後には利用可能)

AirMac経由で接続。
SANY0339.jpg

デフォルトではセキュリティーノーガード状態なので、WEBブラウザから本体に接続して暗号化設定する。 (WPA2-PSK, TKIPで設定した)
b-mobile.jpg

b-mobile WiFiルーター+SIM U300の感想。

良い点:
・SIM U300を使えば通信コストが安い。1年使い放題タイプなら一月あたり約2,483円。
・SIM U300は広域で定評のあるFOMAのネットワークが利用できる。
・WifFiルーターとSIMカードは個別に購入可能。(SIMのみをAmazonなどで購入できる)
・必要な利用期間をチャージ購入するというシンプルでわかりやすい決済。(業務で使う場合、経理上の処理も簡単)
・他社契約のSIMが使える。高速で繋ぎたいときだけSIMを入れ替えるということもできる。
・2年契約などの縛りがない。(契約解除の違約金もない)
・起動がわりと速い。本体の電源をONにしてから1分ほどで利用開始できる。
・小さく、薄く、軽い。カバンに入れても邪魔にならない。
SANY0345.jpg


悪い点:
・通信速度が遅い。(上り/下り 300kbps超/300kbps超)
ストリーミング系のサービスはほぼ利用不可。
(Youtube,Gyao,RadikoもNG) ネットラジオは64kbps以下でないと厳しい。
・他のWifiルータに比べるとバッテリー持ちがやや悪い。
(連続でも公称値の4時間程度は使えるので、屋外利用ならだいたいOKかも)
・正確なバッテリーの減り具合が本体ではわからない。残量50%あたりで本体バッテリー表示のLEDがグリーンから赤になるだけ。
WEBブラウザで設定ツールに接続すればバッテリーの詳細な残量が確認出来るが面倒。

わかったこと:
・MacのUSBポート経由で充電ができる。MacのACアダプタが接続できる環境があればWifFルータのバッテリー残量は心配ない。
・エネループのリチウムイオンバッテリで充電が出来る。数時間利用時間を延ばせそう。

SANY0351.jpg
SANY0341.jpg


軽いwebページの閲覧、メール、Twittterなどのサービスはストレスなく使えるます。屋外での利用頻度は少なく、ストリーミング系のサービスは不要、かつ接続コストは抑えたいという利用目的に合致すれば、かなりおすすめです!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/814

コメント (2)

迷ってるんですよ。

> 軽いwebページの閲覧、メール、Twittterなどの
> サービスはストレスなく使えるます。屋外での
> 利用頻度は少なく、ストリーミング系のサービス
> は不要、かつ接続コストは抑えたい

ドストライクなんです。touchを情報持ち出し端末にしてしまいたいので...
ちなみに、ソフトバンクから出たヤツにも、SIMは使えるようですし、本体側の選択に迷ってます。

きむっち:

バッテリーが無くなったため用に買いたいのですが
外で充電するにはどんなものを買えばいいですか?
大容量希望です。
当方は単3電池を沢山もっているのでこの電池を活用できればいいのですが・・・・
詳しく教えてください

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ