« 新型 MacBook Proを見てきた。 | メイン | 時代はSIMロックフリー! b-mobile WiFiルーターを使ってみた。 »

iMac Early2006 (Intel) の電源修理

使用していて突然電源が落ちて以来、起動しなくなってしまったiMac (Early2006 intel CPU)の修理を承りました。検証したところ、このモデルにわりと多い電源ユニット(AC-DC)の故障が原因でした。
SANY0252.jpg

交換用に用意した電源です。(画像上、下は元の電源)
SANY0253.jpg

よくみて見ると基盤の色や部品の構成がかなり違っているのですが、ちゃんと動作いたします。(新品電源です)
SANY0254.jpg

ご存じの方も多いかもしれませんが、iMac (Early2006 )とiMacG5 の最後期型(iShigt搭載)の電源ユニットは共通の仕様で互換性があります。
今のところ、どちらの機種においても電源修理は承れますので、問題が発生した場合は、是非ご相談くださいませ。

お問い合せはこちらまで
spilog03.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/813

コメント (1)

iMac 2006 laterでは出ていないのでしょうか。
まさに私のがそうなのでちょっと心配。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ