« iPod大容量化、その飽くなき戦い。 | メイン | 年末・年始の営業について »

惚れてまう、その性能。 〜 intelだらけのCore i7 iMac 〜

SANY0203.jpg

今回は先日出荷開始されたばかりのCore i7 搭載iMac(27inc 2.8Ghz)のSSD化を承りました! 搭載するSSDですが、ご依頼者の意向(容量よりも速度優先)によりIntel X25-M (34nm版)を選択しました。
元々搭載されているハードディスク(1TB)は3.5インチの大きさですので、実際の取付に際してコネクタ、ねじ穴を従来と同じ位置に設置できるマウンタを用意しました。
SANY0206.jpg
SANY0208.jpg

SSDのマウンタの取付はネジも使わず簡単に取り付けできるすぐれものです。

さっそく交換作業に入ります。
基本的にはこれまでのアルミフレームiMacと同様に前面のガラスを吸盤で外します。
27インチの大きさともなるとガラスも重さがあって、作業は非常に慎重にならざるを得ません。
ガラスを外した後に液晶ディスプレイも外します。(これもまた重いのです・・・)
SANY0204.jpg
SANY0210.jpg

ハードディスクを取り外し、マウンタ付のSSDと交換します。
が、しかし。気になるケーブルがロジックボードからハードディスクへと繋がっているのを発見。
SATAのデータケーブルと電源ケーブルとは別の2本コードです。
SANY0224.jpg

ロジックボード側のコネクト部プリントを見るとHDD TEMPと書いてあります。
温度センサー?かと思ったのですが、ハードディスクのジャンパピンコネクタにささっています。
通常SATAのハードディスクはジャンパ設定する必要はないですし、交換する2.5インチSSD側にはこのケーブルコネクタを挿すところ自体ありません。
ハードディスク(1TB WD1001FALS)はWestern digital製なので、WEBサイトで仕様書を調べてみたのですが、コネクタがささっているジャンパ OPT2はfactory useとして仕様が公開されていません。 
ひとまず、このコネクタがどのように作用するのかを確かめるために、HDD TEMPケーブルコネクタを外した状態でiMacを起動させてみました。

起動自体は全く問題がありません。しかしながら起動して5分ほど経つとファンの音が目立ちはじめます。音の位置からハードディスク冷却用のファンが全開で回っているのがわかりました。
また、iMac Fan Controlというソフトウェアで内蔵ファンの状況を見てみると、やはりハードディスクの温度を認識していません。(ケーブルコネクタを外しているのであたりまえですが)

以上の状況から整理すると下記のことが想定されます。
・ロジックボードから伸びているケーブルコネクタ(HDD Temp)自体はセンサーではない。
・従来のモデルのように温度センサーをハードディスクに貼り付けて温度を測定するのではなく、ハードディスクにデータケーブルを挿すことでハードディスクから発せられる温度情報を直接読み取っている。(たぶんS.M.A.R.T情報)
・温度(信号)が読み取れないので、エラーとしてファンが全開で回る。

3.5インチハードディスクに比べてSSDは圧倒的に発熱が少ないのはわかっているものの、強制的にファンを止めてしまうのはちょっと心配です。
ハードディスクの電源から分岐させて小型の静音ファンを増設しようかと思案していましたが、OWCのサイトで同様の問題点が指摘されている情報がありました。
Proprietary cable can put the brakes on upgrading Late ‘09 iMacs.

このページの情報によるとケーブルコネクタ側のピンをショートすることでファンを低速回転(11000回転あたり)で運用することが出来るとあります。

さっそく、細い針金を使ってコネクタをショートさせてみました。ピンは外れないように上からテープで固定します。
SANY0223.jpg

この状態でiMacを起動してみると、見事にハードディスクの冷却ファンが静かに回っています。(時間が経過しても高回転になりません)
iMac Fan Controlで見てみると温度は測定できていませんが、ファンは低速回転していることが
確認出来ました。発熱の少ないSSDの冷却であればこの程度のファン速度で十分と思われます。
imacfan.jpg


実質的な問題が解消されたた後で、ようやくSSDに交換し、OSXをインストールして動作テストを行いました。
SANY0212.jpg


ハードディスクの状態でも十分な速さではありましたが、SSD化することでさらなる進化、驚愕の速度が得られました。


起動時の動画です。ハードウェアチェックが終わると一瞬で起動します。(アップルマーク下のインジケーターが1回転するかしないか)

あらゆる動作が高速に動くので気持ちよすぎます。intel Core i7+SSDの効果は凄まじいです。

さらに、先日再配布されたIntel X25-M (34nm版)のファームウェアアップデータも適用してみました。アップデート前と比較すると書き込みの性能が若干向上しています。

ハードディスク(1TB)時のベンチ結果
Disk Test 95.06
Sequential 171.46
Uncached Write 183.01  112.36 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 176.84  100.06 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 130.24  38.12 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 220.62  110.88 MB/sec [256K blocks]
Random 65.76
Uncached Write 23.01  2.44 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 308.87  98.88 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 112.94  0.80 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 189.62  35.18 MB/sec [256K blocks]

SSD ファームウェアアップデート前
Disk Test 305.63
Sequential 203.60
Uncached Write 166.53  102.25 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 165.99  93.92 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 193.65  56.67 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 407.65  204.88 MB/sec [256K blocks]
Random 612.59
Uncached Write 558.80  59.16 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 307.30  98.38 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 2443.51  17.32 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 928.71  172.33 MB/sec [256K blocks]

SSD ファームウェアアップデート後
Disk Test 329.86
Sequential 218.54
Uncached Write 189.90  116.60 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 183.09  103.59 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 195.14  57.11 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 407.94  205.03 MB/sec [256K blocks]
Random 672.37
Uncached Write 699.87  74.09 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 324.85  104.00 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 2482.79  17.59 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 962.29  178.56 MB/sec [256K blocks]

ファームウェアアップデートはMacの環境からも出来るので、すでにIntel X25-Mを搭載されている方は試してみても良いかもです。


新型iMacは速度的なパフォーマンスはもちろんですが、27インチの大画面、2,560×1,440の高解像度もすばらしいです!ブラウザを余裕で2枚並べられますし、HD解像度の動画を再生しても画面が余ってます。仕事がはかどりそう!な気がしますねぇ。
置き場所さえ許せば21インチより27インチを絶対オススメします。これからiMacを買う人が羨ましいです。

*iMacへの改造はご依頼者の確認、同意を得て行っております。ご自身で作業を行う場合はリスクを十分検討した上で行って下さい。


spilog03.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/798

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 惚れてまう、その性能。 〜 intelだらけのCore i7 iMac 〜:

» iPad/iPhoneがFlashを実装できないのを実感 送信元 Smile Peace vol.4
このブログに「imac 改造」というキーワードで訪れる人も結構いるようです。確かに改造しましたし、実際に不都合なく運用しています。[...]... [詳しくはこちら]

» iMac 27-inch Core i7 買いました。 送信元 ハンドクラフト、ハンドメイドの手作り腕時計創作記録
iMac (27-inch, Quad Core, Late 2009)/2.8GHz 買っちゃいました。 新型が出たのに旧型を買うのは、、... [詳しくはこちら]

コメント (6)

O:

作業依頼したOです。

この度は、丁寧な作業ありがとうございました。
同じMac専門店でも4-5件断られた後に
対応してくれるとの返事は大変嬉しかったです。

現在不具合が多いもののWindows7で運用してます

イシダ:

こちらこそお世話になっております。
Windows環境においてもCore i7の速度はすごいのではないかと想像します。

BootCamp+Windows7での環境は近々、アップデータが出て、
正式対応されるかもしれません。
http://www.computerworld.jp/topics/apple/165749.html

フェルディナント・シェルナー陸軍元帥:

SSDのマウントは、何処の何という製品ですか?

なっとう:

 はじめまして。

 同じく20009imacの27インチのHDDを2TBに交換しようとして、例の温度センサに驚き挫折したものです(涙)

 その後、HDDを元通り1TBに戻した(つもり)なのですが、もしかしたら温度センサの差し込みを誤ったのか、mac fan controlでHDDの温度を0度と認識してしまいます。その割にファンは起動後10分ほどでほぼ全開で回ってます。
 もう少し苦労してみますです〜。

O:

次に出るであろうマイナーチェンジで、GPUがMobileRADEON5000シリーズなら、交換出来るかチャレンジしたい!

お願いできますか?

CPUも880辺りに交換したいなぁー SSDも次期モデル600Gとかいいなあー

ふふじ:

はじめまして。熱対策のため
Fan Control をインストールしたものの、
Internal HDの数値が0.0℃になっていて
気になって検索してこのページにたどり着きました。
これはどういうことなのか
もし分かるようでしたらアドバイスいただきたいです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ