« 夏のおもひで(@ウォーターフロント) | メイン | Snow Leopardを試した »

Snow Leopard

630f7c56.png
Mac OSX 10.6 Snow Leopard がついに明日発売ですね。
予想していたよりも安く(3300 円)、早い発売でびっくりしてました。

目玉は64ビットサポートと高速化ですが、実際の64bitカーネル起動はハードウェア、ソフトウェア的に制限があって、まだまだ時間がかかりそうです。
下記の記事に詳しくレポートされています。
64bit完全対応のSnow Leopard、実はデフォルト起動は32bitカーネル!?
試しに手持ちのIntel MacのEFIの状況を調べてみるとMacBook (13"Unibody)は"EFI64" Macmini (初代 intel)はCore2Duo化していても"EFI32"でした。(ファームウェアの対応が優先されるみたい)

Snow Leopard は文字通りLeopardからのアップデート版という印象が強いようですが、インストール自体が単体で出来るのかどうかがちょっと気がかりです。(TigerまたはLeopardがすでにインストールしている必要があるのか?)

そういえば、Blu-rayメディアはいつになったらMacでサポートされるのだろう・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/780

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ