« 買わないぞぉ・・・ | メイン | 夏のおもひで(@ウォーターフロント) »

MacBook Air (初代)のSSD化(その2)

またもやおひさしぶりです!魔法戦士 Lv47のイシダです。
ドラクエやってたらあっという間に1ヶ月が・・・
9はやりこみ要素が多くてやばすぎます。

さてさて、仕事もちゃんとやっていますよ〜
今回はMacBook Air (初代)のSSD化です。以前にも同様の作業を行ったことはありますが、使用したPhotoFastのSSDが バージョンアップしており、お問い合せもよくいただきますので再度ご紹介します。

今回の作業で使用したのはPhotoFastの1.8インチZIF専用SSDドライブ G-Monster 18ZIF V2です。
単にファームウェアがV2(バージョン2か?)になっただけかと思いきや、仕様が結構変わってます。
IMG_0561.jpg

以前のバージョンはコネクタ差し込み口の端子配列が異なっていたのですが、V2は配置が見直されて通常通りの向き、配置で取付が出来るようになっています。(ひっくり返さなくてもよい)

取りつけたところです。ラベル表面が上に配置されています。
IMG_0562.jpg

取付時はWindows用にFATでフォーマットされていますので、ディスクユーティリティでGUIDパーティションテーブルに設定し直す必要があります。
(これをやらないで単にMacOS拡張にフォーマットするとインストールは出来るが起動できない自体になりますのでご注意を)
IMG_0563.jpg

やり方はこちらに詳しくあります。

IMG_0565.jpg

OSインストールも問題なく完了です。
1.8インチHDDの遅さからは比べものにならないほど快適になります。

128GBも販売されていますので、容量的に不安だった方にもオススメです!
是非ご検討ください。

以前に同シリーズのSSDに交換作業をしたK様からご感想いただきました。

無事、金曜日にmacbookairの受け取りができました。
その後復元を完了し無事快適に動作しております。

以前に比べ全ての動作が快適になりました。
使用感も旧macbookproを上回ります。
これでairをあと数年、動かなくなるまで、愛着をもって
使用できると思います。

レビューとしましては、ネットの評判とおり、すべての
動作にキビキビ感があります。
ネックはこのssdでもメモリの空きが無くなるとプチフリ現象が発生します
vmでwindows7使用時に発生しました。普段はwindws2000を起動してますので
問題無しです。

気をつけなくてはいけない点は、最初復元中、復元後にポインタが勝手に
動く現象が多発した事です。これは正直ハード障害かと参りましたが、osのインデクシング
が完了したら収まりました。ssdに連続読み込みで負荷がかかっていたようです。

flashや動画制作がかなり快適になりました、同時起動はさけた方がいいかもしれません

以上感想でした。

このたびは真にありがとうございました。
又の機会がありましたらよろしくお願い致します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/778

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ