« 羨ましきプロ昇格 | メイン | 買わないぞぉ・・・ »

MacBook (15インチ Unibody)のキーボード交換

今回はMacBook (15インチ Unibody)のキーボード交換を承りました。
日本語キーから英語キーへの交換です。
表面上は簡単そうな作業に聞こえるのですが、実はこれがなかなかたいへんな作業なのです。
ご存じの方も多いかと思いますが、 現行の UnibodyタイプのMacBookおよびMacBook Proは言語ごとにキートップを含めてボディが形成されています。(キートップのくりぬいた穴の位置が異なります)
ですので、単純にキーボード部分を交換というわけにはいかず、ボディを含めて交換しなければなりません。しかも内部のロジックボード、光学ドライブ、ディスプレイなどの部品はこのボディを基礎にして取り付いているので、作業としてはほぼ全てを分解して組み替える必要があります。
IMG_0111.jpg

IMG_0112.jpg

IMG_0113.jpg

こういった作業は取り外したねじの管理が意外に重要です。
イシダの場合は工程ごとにネジを保管しています。(無印良品のスタック出来るケースがおすすめ)
IMG_0115.jpg

無事交換作業を終えました。
英語キーは、見た目がすっきりして格好良いですねぇ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/776

コメント (1)

pochi:

これは15inchですよね、、、

しかし大変そうだσ(^_^;

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ