« やっぱ気になるなぁ New Macmini | メイン | iMac (intel)のコイン救出 »

あり、なしの境界線。

apple3_s.jpg

このタイミングで新iPod Shuffleが出てくるとは思いもせず、びっくりしました。
うーむ、この製品はアップルらしくトガってますねぇ。ついに本体からコントロール部を排除したのはヘッドフォンを含めて本体というコンセプトなんでしょう。これまでのモデルの完成系と言うよりは、必要性と先進性との間で鬩ぎ合った末に到達したAppleの強い解を感じます。
イノベーティブな製品であることは間違いなさそうですが、この禅問答的なiPod shuffleが多くのひとに受け入れられて、たくさん売れるのかは微妙?な気がしないでもないです。(もちろん、個人的には欲しいとは思うんですけどね)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/769

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ