« あり、なしの境界線。 | メイン | MacBook Air (初代)のSSD化 »

iMac (intel)のコイン救出

少し前にご依頼いただいた作業ですが紹介させていただきます。
iMacの光学ドライブの中にコインもしくは小銭のような物が混入し、気付かずCDを挿入してしまったそうです。その後ディスクが取れない状況になったので、なんとして欲しいというご依頼をいただきました。
RIMG0003.jpg

ご依頼のiMacは比較的新しい機種で、でディスプレイがガラスタイプです。ご存じの方も多いかと思いますが、このタイプのiMacはガラス面が磁石の力で吸着しています。分解するためにはまず吸盤で引き上げる必要があります。(東急ハンズで買ったバキューム・リフター:商品名 を使用しています)
ガラスを外すとようやく分解するためのネジが現れるので、その後で液晶パネルを外します。
DSC06052.jpg

光学ドライブを外して調べてみると、見事にスロット挿入部に1円玉が挟まっていました。
おそらくお子様がiMacを貯金箱にしようと考えたのでしょう。
幸い光学ドライブ自体は故障しておらず、一円玉を取り外すと問題なく動作しました。
DSC06054.jpg

DSC06055.jpg

iMacに限らず、スロットインドライブの意外な弱点ですね。とくに小さなお子様がいるご家庭ではMacに貯金されないように気をつけましょうね。

*作業上では、外したガラスを元に戻す際に液晶表面にホコリを挟まないようにすることが、難しくて非常に神経を使います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/770

コメント (3)

うなぎぱい:

こんばんは。

いつもお久しぶりのコメントで申し訳ございません。

私もiMac購入しちゃいました!
と言ってもAppleStoreの整備済製品なんですが(^。^)
迷いに迷いながらも24インチの2.8GHzの320GBで¥129,800だったのでポチッとしてしまいました。

整備済製品ってやっぱり傷とかもあったりするのかなぁ、なんてちょっと不安もあったのですが、そんな心配は必要なかったみたいです。

でも電源を入れてみたら、ん?ん????ハードディスクの容量表示が変?
そこでアップルシステムプロフィールを覗いてみたら、なんと1TBのHDが入ってメモリも4Gもあったんです\(^O^)/
しかもなんとCPUも3.06GHzとなってるんです!

そぅいえばAppleStoreのHPに「一部の製品は、カスタマイズ製品のため、記載されている標準モデルよりスペックの高い仕様でのお届けになる可能性もあります」なんて表示がありましたが、ホントにこんな事もあるのかとビックリしてます!

以前石田さんにお世話になったcubeはまだまだ健在で毎日大活躍中ですが、このiMacのおかげでノーマルcubeの方はそろそろ引退となりそうです(‥ゞ

イシダ:

こちらこそご無沙汰しております。
現行のiMacは本当にコストパフォーマンス良いですよね。
しかも、大幅にアップグレードされた状態でゲットされたとはラッキーですね!(整備済み、侮れないです)

うなぎぱい:

 
 こんにちは。

iMacの事ではないのですが、最近久しぶりにカラクラの電源を入れてみたところ、ちょっと調子が悪いんです。

以前からほとんど飾り状態で、時々電源を入れては楽しんでるだけなんですが、ネットを見ていたら http://homepage.mac.com/super_karakura/PhotoAlbum12.html
こんなページがありました。

感想を送れるみたいなので一月ほど前に先方に送ってみましたが「休暇中でメールは見れません…」という自動返信メールだけが返ってきます。

石田さんはカラクラの再生にご興味ございませんでしょうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ