« リスタートです。 | メイン | PowerBookG4 のハードディスク大容量化 (320GB) »

Mac miniのSSD化

こんにちは、関東地方、今日は寒いですね。新作業小屋はエアコンをまだ導入しておらず、オイルヒーターのみの暖房なのでとくに寒さが身にしみます・・・(コンピュータには良い環境とは言えますが)

さておき、ちょっと前に作業したMac miniのアップグレードなのですが、紹介させていただきます。
内容はCPUをCore2Duo2.16Ghzへ、ハードディスクをSSDにしました。
SSDは値段のこなれてきたTranscendの128GB SSDです。大きなデータを取り扱わない限りはおおむねOKは容量ですよね。(外付けHDDと併用する手もありですし)
SSDのスペックは読み込み 148MB /sec 書き込み 90MB /secとMacminiでは十分な性能です。

アップグレード後の起動テストを動画でご覧下さい。(外で工事をしていたため、雑音が多くてすみません)



起動音がしてからは10数秒足らずでOSX 10.5 Leopardが起動しきってしまうほどのパフォーマンスアップです。
正直なところ、起動時間や通常操作のレスポンスはMac Proの8コアモデル(SATA ハードディスク )よりも速いです。それほどハードディスクからSSDへの交換は効果的で圧倒的な差があるといえます。(もちろんMac Proの8コアモデルもSSDにすればもっと速くなるはずですが)
CPUをアップグレードしているとはいえ、Macminiでこれだけの高速化は魅力です。ぜひ、ご検討ください。
(以前にintelのSSDでOSX 10.5 Leopardの起動が遅かったのはintel SSD個体の問題だったのかもしれないです)

依頼者の方よりご感想をいただきました!(以下ご感想です)
-------------------------------------------------------------------------
週末に確かに受取をさせて頂きました。
早速アプリの再インストールなどをして、お送りさせて頂く前の状態に戻しましたが、明らかに早くなっておりました!

OSの起動や、Safariの起動などは、今までなんだったんだろう?と思うぐらいの速度になっていました。
基本的にあのminiは家で、ブラウズと、parallelsのWinでのメーラー(昔からのデータが残っていて、Mac側にそれを移せないため利用しています)の利用、あとは外付けHDDの音楽・動画も閲覧が殆どの利用内容なのですが、それだけに逆にテレビぐらいサクっと立ち上がって貰いたい、という思いがありましたが、見事にそのようになってくれました!

一度システムを入れ直したこともあるのか、全体的にすっきりした感じがしていて、ノートのMBPもOSの入れ直しをしようか?と思ったぐらいです(笑)

また丁寧な梱包で返送をいただきましして、ありがとうございます。
又の機会があれば是非お願いをさせて頂きたいと思っております。

乱文ではありますが、感謝のお礼までに。

ありがとうございました!
-----------------------------------------------------------------------------------

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/766

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ