« SSD Intel X25-M OSとブートデバイスの違い | メイン | かっこよろしすぎる。MacBook。 »

CubeでSSD

先日のエントリーでSSDをCubeに取り付けてみては?というコメントをいただき、気になってきましたので実際にテストしてみました〜。

といっても、CubeはシリアルATAには対応していないので、まずはSATAからATA接続に変換しなければなりません。
SATA規格のドライブをATA規格のケーブルに接続できるようにする変換機器はいくつか存在するのですが、現時点でもっともスマートに使える「SUGOI ADAPTER SATA」をセレクトしました。(ふざけているわけではなく、そういう製品名なのです)

SANY0036.jpg

このスゴイアダプタは本来3.5インチドライブ用なのですが、接続上は2.5インチドライブでも問題なく使用可能です。

本当はCubeに搭載するために専用のマウンタを作りたいところですが、今回はテストということで接続しただけです。(残念ながらこのアダプタを使ってもCubeにSATAの3.5インチドライブを収めることができません)
SANY0035.jpg

SANY0038.jpg

では、SSD Intel X25-Mに10.4をインストールして、起動させた動画です。↓


やはりCubeのATA最大転送速度(66MB/sec)がネックになり、起動にかかる時間は7200回転のハードディスクと変わりありません。

Xbenchでの7200回転ハードディスクとの比較です。

250GBハードディスク (7200回転)
Drive Type Hitachi HDP725025GLAT80 Hitachi HDP725025GLAT80

Disk Test 59.06
Sequential 93.54
Uncached Write (79.47) 48.79 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write (89.53) 50.66 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read (102.57) 30.02 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read (107.99) 54.27 MB/sec [256K blocks]

Random 43.15
Uncached Write (15.93) 1.69 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write (110.39) 35.34 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read (78.90) 0.56 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read (121.95) 22.63 MB/sec [256K blocks]

SSD 80GB
Drive Type INTEL SSDSA2MH080G1GC

Disk Test 130.31
Sequential 86.51
Uncached Write (87.76) 53.88 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write (91.75) 51.91 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read (78.04) 22.84 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read (89.85) 45.16 MB/sec [256K blocks]

Random 263.95
Uncached Write (283.88) 30.05 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write (146.96) 47.05 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read (1658.81) 11.75 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read (236.73) 43.93 MB/sec [256K blocks]

結果からもシーケンシャルの読み取り、書き込みにおいては大きな差がないことがわかります。

一見、最大転送速度が頭打ちになってしまうのでSSDにするメリットは無いように思えますが、そうでもありません。
ベンチの結果から注目して欲しいのは、ハードディスクよりSSDの方がランダム時の読み書き性能が優れている点です。
というのも、実利用上のファインダーやアプリの操作時にはランダム時の読み書きの速さが効いてくるのです。体感の速度でははっきりとSSDの方がレスポンスが良いように感じました。

SSDは発熱も低く、音もしないのでCubeに搭載するには最適といっても過言ではないかもです。
イシダはCubeのCPUを7448 1.8Ghzをファンレスで使用していますので、SSD化でさらなる静音性とパフォーマンスを得られるのです。
すごく魅力的ではあるのですが、80GBという容量の少なさがデメリットになり、現状では採用に至りません。

などと考えていると、バッファローから実売価格が120GB=4.5万円というSSD「SHD-NSUM」が発売になったことを知りました。リード150MB/s、ライト90MB/sなので最大転送速度ではIntel X25-Mに劣りますが、Cubeで使うなら十分なパフォーマンスですね。
もうちょっと安くなったら搭載してみたいと思います。
めざせ、完全無音のロックンローラー!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/747

コメント (2)

おわん:

すごいです!
ほんとに出来るんですね!
早さはさほどでしょうが、SSD搭載ってことでなんかNEW cubeの様な感じがします。
120ギガで4.5万円は割高ですが、普及すればすぐに値段もおちつくでしょうね。

TEN-oto:

CubeにSUGOI ADAPTER SATA のケーブルタイプ、SATA-TR150TWを内蔵し、光学ドライブを諦めてSATAケーブルを外に引き出してeSATAにコネクタ変換、eSATAドライブケースなどにつなげる事はできないでしょうか?IDEケーブルの処理(オス・メス、長さなど)にも問題がありそうなので自分の技術では解決できる自信がありません。お知恵をお貸しください。あと(e)SATA→USB2.0変換ができればCubeでもUSB2.0が・・・さすがにこれは無理ですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ