« あと一息なMobileMe+iPhone+iCal(カレンダー)の連携 | メイン | 今一度ご確認を。 »

Mighty mouseのそうじ。

以前のエントリーでMighty mouseのスクロールボールの掃除を紹介したのを憶えていらっしゃるでしょうか。(KURE CRC5-56が効くというお話)
あれからしばらくは調子が良かったのですが、数ヶ月経つと不具合が再発、CRC5-56で処置しては再発という繰り返しになっておりました。
これは一度徹底的に掃除しないとダメだなぁと考えていたのですが、昨日、下方向へのスクロールが効かなくなったのを機に分解を実行しました。

Mighty mouseはネジ止めではなく、接着固定になっています。

裏面の外枠を細いドライバーでこじ開けると意外と簡単に分解できました。

スクロール部分を部品を見てみると、やはりホコリや手垢などがうっすらと積み重なっている状態でした。この汚れはどうやっても外側からは除去出来ないですね。(マウスの左右にある溝にもけっこう汚れがたまってました・・・)

ポインタのボール、軸受けを丁寧に掃除し、マウスを元の状態に組み上げると(こじ開けたパーツは瞬間接着剤で固定)スクロールは新品時代のようにキビキビ反応するようになりました〜。

これであと2年は使えそうです。

しつこい汚れはもとから絶たなきゃダメ!ってことですね。(そういうフレーズのCMがあったような)作業はちょっと面倒ですが、同様の症状の方は徹底掃除をオススメいたします。


iPhoneで撮りました。マクロが効かないので近接はちょっと厳しいですね。

汚れがはっきり見えると気持ち悪いので今回はこれで良し。

photo_2.jpg

ところでiPhoneのカメラですが、巷で言われるように、写りはなかなか悪くないです。
ブログに載っけるぐらいだったら十分ですね。

先週の多摩川花火大会にて
photo-1_2.jpg


深川八幡祭りにて

photo-2_2.jpg


東京都現代美術館にて

photo-3.jpg

撮るときにサイズを選択できればいいんですけどねぇ。メールに添付するときにちょっと面倒です。

でも、iPhoneを持ち歩くのは楽しい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/739

コメント (2)

ビー・オー・スタジオ 薮中:

数日前治してもらった時は、
掃除せずに接着しちゃいましたね、確か。

さすが、マックラブなイシダさん!
どんぶりのわたしとは、レヴェルが違う。

そういえば、
「違いがわかるオトコ」、という名コピーもありました。

イシダ:

あ、あんときの猪木は、いや、
あのときは原状回復を優先させたわけです・・・
分解のコツはわかったのでスクロールが動かなくなったらご用命下さい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ