« Macminiを 802.11n化してみる。 | メイン | MacminiでeSATA接続する。 »

Macminiを 802.11n化してみる。その後。

その後チャンネルを変更したり、いろいろ設定を確認してみたのですが、無線モード802.11n b/g互換 (2.4Ghz帯域)ではどうにも安定しなかったので、802.11nのみ(5Ghz帯域)の設定にしてみたところ、ばっちり繋がるようになりました!
流石に802.11n接続はAirmacの扇マークもMAXになり、802.11gの時よりもスループットも向上しています。
airmac.jpg


ただし、802.11nのみ(5Ghz帯域)にすると802.11b/gであるPowerBookG4やNintendo Wii,DSは接続できなくなってしまったので、Macmini以外は別経由のネットワークとしてFONの無線ルーターを利用することにしました。(ハブを介してネットワークアドレスを802.11nネットワークと同じにすれば相互に通信も可能)

どうして802.11b/g互換だとダメなのかは解明できないのですが、ひとまず、解決ということで・・・。(イシダの自宅環境の2.4Ghz帯域が混み合っているせいではないかと思うのですが)

802.11n固定通信での安定後、Macminiの外部にアンテナが裸で露出しているのがどうにも格好良くないなぁと思ったので内部の空いたスペースに設置してみました。
感度が悪くなってしまうかも、ちょっと不安だったのですがケースを被せても速度低下もなく問題なく繋がってます。
(あくまでイシダの環境でうまくいってるだけかもなので参考までに)

しまう前
SANY0090.jpg

しまったところ
SANY0093.jpg

左が元の802.11b/g MIni PCI-Eカード、右が802.11n PCI-Eカードです。
SANY0088_2.jpg

802.11n MIni PCI-Eカードには既存のアンテナと新しいアンテナの2つを繋ぎます。
SANY0089_2.jpg

spilog03.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/730

コメント (3)

yokochin:

お久しぶりです.
802.11nのカードというのは、今までのAirMacのカードと排他利用ですよね.5GHzのみの利用ということであれば、今までのAirMacのアンテナがおさまっていたところ(2枚目の写真の右上)に新しいアンテナを押し込むことは出来ないのでしょうか.
今の場所だと、シールドされている領域なので、少なからず電波が遮蔽されてしまうような気がするのですが(実使用上問題ないということで、どうでもいい話なんですが、どうも貧乏性でして).

イシダ:

どうもお久しぶりです。(いつもブログ拝見してます)

MacminiのMini PCI-Eスロットは1つなのでカードは排他利用になります。
アンテナはカード上に2つのコネクタがありますので、Mainを既存のアンテナに繋ぎ、AUX(たぶん)を新しいアンテナに繋いでおります。
802.11nはダイバーシティアンテナを採用している(基本的に802.11gも)のでアンテナは2個以上接続した方が良いそうです。

2個目のアンテナもシールドが無いところに配置すべきなのですが、1個目の既存アンテナが良好に作用しているみたいなので、見た目を優先させたわけです。

イシダ:

画像を追加アップしました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ