« アイフォーンは! | メイン | スピログアンケート その1 »

Macbook Air にWindows Vistaを入れました。

ご依頼を受けMacbook Air にWindows Vistaを入れました。
基本的な利用はMacで行い、WindowsはIEでネットが見れてOfficeが動けばよいとのことでしたので、Boot campでなく、使い勝手が良いVmwareを採用しました。
RIMG0025.jpg

みなさまご存じのようにMacBook Airは光学ドライブがありません。
しかも、Remote DiscからはWindowsのインストールは行えませんので、外付けのUSB光学ドライブが必要になります。今回はVintageComputerさんで販売してる外付けFirewire/USB 2.0 コンパクト光学ドライブを利用しました。(バスパワーでは認識されませんでしたが、ACアダプタを繋ぐと利用可能になりました)
RIMG0013.jpg

VMware Fusionのインストールを終え、Vistaに割りあてるメモリとハードディスクの容量を割りあてます。メモリは768MB 、ハードディスクは最大15GBを割りあてました。
VMwareはWindowsインストール開始前にユーザー名とVistaのプロダクトキーを入力できますので、インストール完了まで何も入力せず放置しておくことが出来ます。

Vista インストールが完了したところ。
RIMG0018.jpg

動作確認を行ってみましたが、Vistaでもストレスなく動作してなかなか快適です。


全画面にするとまるっきりWindowsマシンに変身です。
RIMG0017.jpg


Leopardの機能spacesで1画面を割りあてるとますます便利に利用できます。
RIMG0019.jpg


実際にMacBook Airをさわってみると、思っていた以上に質感が高くて格好良いです。
うーん、やっぱり欲しいなぁAirも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/720

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ