« スピログアンケート その2 結果 | メイン | Macminiを 802.11n化してみる。 »

MacBookの光学ドライブ交換修理

ディスクを挿入しても読み込みが出来ず、すぐに排出されてしまうとのことでご依頼を頂き、MacBookの光学ドライブの交換修理作業を行いました。

元々搭載されていたスーパードライブは日立LG製で9.5mm厚の薄型です。
同じドライブは今のところ入手が出来ませんので、PanasonicのUJ-857をご用意しました。UJ-857だとDVD-Rの書き込み速度が8倍速になり、DVD-RAMも使えるのが利点でもあります。(12.5mm厚のUJ-875は利用できません。型番が似ているのでご注意ください!)

外すネジの数も多くて、ケーブルの取り回しもあったりと、作業の難易度はPowerBookG4よりも高めだと思います。
01.jpg

02.jpg

故障したドライブを取り外したところ。

03.jpg

交換用のUJ-857を収めたところですが、丸印部にある金具を筐体側面にあるくぼみに咬ませるのに、ちょっと手こずりました・・・(上部からは見えないので位置がつかみづらいのです)

04.jpg

05.jpg

元通り収めて完了です!

初代MacBookはそろそろ光学ドライブの調子が悪くなってくるころかと思われます。お困りの方は是非お問い合せください。

それにしても黒MacBookはシックでかっこいいですね。実物見ると瞬間的に欲しくなってしまします。

spilog03.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/728

コメント (3)

Anonymous:

初めまして。
私もドライブを交換するためにネジを外してみましたが、キーボードが外れませんでした。
引っ張る方向など、何かコツがあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに、参考にしたのはこのページです。
http://hiro2.jp/2007-10-10-3.html

イシダ:

こんにちは。MacBookのトップケースを外すときは、若干トップケースを左右に(平行)にずらす必要があったように思います。
いままでに外す際に行き詰まったことがないので、正確なことが言えなくてすみません・・・

FK:

ありがとうございます。
なんとか交換することができました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ