« くらべてみる。 | メイン | ハチ公ゲット! »

チタニウムでレパード!

G.Wみなさまいかがお過ごしでしょうか?今年は連休が続かず、ちょっと損した気分ですね。
イシダも多分に漏れずG.W隙間労働しております。(でも、5/2金曜日はお休みいただきます・・・)

さておき、本日は。
PowerBookG4(550Mhz)がLeopard(OSX10.5)非対応機種と知らずに購入してしまったお客様より、インストール作業を承りました。(追加でメモリ増設も)

ご周知の方も多いかと思われますが、OSX 10.5 LeopardはCPUの速度が867Mhz以上のMacでないとインストール作業が進められません。
しかしながら、CPUの速度を判定されるのはインストールの時だけなのです。何らかの方法を使ってインストールしてしまえば通常通り起動してしまうのです。

その主な方法としては。
1,ハードディスクを取り出し、867Mhz以上のMacに接続してLeopardをインストール。そのあとハードディスクを元のMacに戻す。
2,非対応のMacをターゲットディスクモードで起動し、867Mhz以上のMacにFireWireで接続する。そのあと867Mhz以上のMacからLeopardをインストールする。

初期のPowerBookG4やiBookG3はグラフィックが弱いので、Leopardではファインダー操作のエフェクトにやや、もっさり感がありますが、不快なほどではありません。
非対応Macで上で、どうしてもLeopardの新機能を使ってみたいという方はお試しください。

RIMG0152.jpg

あっ、そういえばiMacがアップデートされましたね。上位モデルはついに3Ghzへ到達。エントリーモデルはものすごくコストパフォーマンス良いですね。欲しいなぁ。でも使いどころがないのだよなぁ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/711

コメント (1)

adapu:

iBookG3もLeopard動かせるんですか?
前、同じ方法でやってダメって、Blogがあったので。

iBookG3/900だけど試してみようかな。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ