« Leopardでのファイル共有 for win | メイン | Cube 7448 2Ghz化 〜強化しすぎではないのか?〜 »

G4 CubeをTime Capsuleにする!(有線接続)

Impress WatchのTimeCapsule使用レポート記事をなにげなく読んでいたらTimeMachineのバックアップ先として利用できるボリュームの説明中に「ネットワーク上にあるLeopardあるいはLeopardサーバーが稼働する別のMac上のボリュームしか利用できないようになっている。」という箇所を見つけました。
あれっー!つーことはシステムボリュームが含まれた内蔵ドライブとは別の内蔵ドライブ(増設ドライブ)があれば、そこをネットワーク上のTimemachineバックアップ先として使用できるってことですよね・・・
それってすなわちMac本体がTimeCapsuleになるってことで、そしたらCubeをTimeCapsuleにできてしまうのでは?と連想し、さっそく実験してみました〜!

長くなってしまいそうなので、結果から言ってしまうとTimeCapsule Cube、できてしまいました〜。

とりあえず手順だけを簡潔に記します。

1. Cubeの内蔵ハードディスクにLeopardをインストールする。

2. SpeedTools ATA Hi Cap Support Driver をインストールする。

3. スピリカ謹製 ハードディスク マウントキット(for Cube)にTimemachineバックアップ先として使用する増設ドライブを取り付ける。(パラレルATAでは最大750GB)ジャンパの設定はスレーブにする。
RIMG0192.jpg


4. 光学ドライブを外し、ハードディスク マウントキット(for Cube)にとりついたハードディスクと交換する。
RIMG0193.jpg

5. ディスクユーティリティーを起動し、増設したハードディスクをフォーマットする。ボリューム名はBackupとしておく。(SpeedTools ATA Hi Cap Support Driverがインストールされていれば128GB以上のハードディスクでも容量制限無く認識できます)

6. "システム環境設定"→"共有"でファイル共有の項目にチェックを入れファイル共有を開始する。
00.png


7. 接続するMac(LeopardがインストールされたMacクライアント)を起動する。

8. ファインダーのメニューバーから「移動」を選択し、サーバーへ接続を選択する。
(コマンド+K のショートカットキーでも同じ操作になります)

9. ウィンドウが開いたら、サーバーアドレスにCube上のIPアドレスを入力し、接続ボタンを押す。(CubeのIPアドレスが192.168.10.21ならafp://192.168.10.21と入力)
01.png


10.登録ユーザを選択し、名前,(Cube上のユーザー名),パスワード(サーバーの管理者パスワード)を入力し、接続する。ここでパスワードをキーチェインに保存しておくと次回からはパスワードの入力が省略される。
次にマウントするボリュームの選択画面でCubeに増設したボリューム(ここではBackup)を選択しOKボタンを押す。正しく接続できればデスクトップにネットワークボリュームが表示される。
03.png


11.接続するMac(LeopardがインストールされたMacクライアント)の "システム環境設定"→"Timemachine"を開く。

12. "ディスクを変更"ボタンを押すとネットワーク上のCubeに増設したボリューム(ここではBackup)が表示されるので選択する。
04.png


13. "Timemachine"のスイッチを"入"にスライドさせる。


上記の手順で"TimeCapsule Cube"が実現します!是非お試しを!!
*"TimeCapsule Cube"に無線接続するにはAirMac ExpressなどでWDS(LAN間接続モード)接続する必要があります。(今度追加実験してみます)

こんな感じでどうぞ↓(懐かしのCanguroと)
PICT0051_2.jpg


*TimeCapsule Cubeのメリットとデメリット(及び対策)

メリット
・余ったCubeが有効利用できる。
・Leopardの画面共有機能を使えばディスプレイ無しで運用できる。
・通常のネットワークファイルサーバー(NAS)としても使える。
・TimeCapsuleの機能だけでなく、音楽を取り込んで共有すればiTunesのミュージックサーバーになる。
・Cubeにプリンタを繋いで共有すればプリンタサーバーにもなる。


デメリット
・CubeのCPUが867Mhz以上でないとLeopardがインストールできない。
対策:1Ghz以上のCPUに交換する。またはCPUが1Ghz以上のMacで予めLeopardをインストールしたハードディスクを取り付ける。

・ハードディスクを2つ内蔵することで光学ドライブがなくなる。
対策:ソフトの追加やCDの読み込みはFireWIre接続した光学ドライブから行う。
  (別電源の入らないスリムなバスパワータイプのドライブだとお手軽です)

・CubeではSpeedTools ATA Hi Cap Support Driverをインストールしないと大容量ハードディスクを認識できずお金もかかる。
対策:OpenFirmwareを調整することで代用可能ではある。"Cube 大容量 Openfirmware"で検索すると方法が。

・電源ボードの劣化やハードディスクの消費電力によっては2つのドライブが認識出来ない場合がある。
対策:できるだけ消費電力の少ないハードディスクを利用する。例えば消費電力が大幅に減少されたDeskstar P7K500シリーズがオススメ。(パラレルATAドライブもあります)

・本家TimeCapsuleよりは消費電力が大きい。
対策:"環境設定"→"省エネルギー"→"スケジュール"でCubeの起動・終了時間を設定する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/708

この一覧は、次のエントリーを参照しています: G4 CubeをTime Capsuleにする!(有線接続):

» g4情報館 送信元 g4のサイト集情報
g4のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [詳しくはこちら]

コメント (2)

うなぎぱい:

こんにちは。
いつもこちらを拝見し勉強させて頂いてます。
MacBookAirの無線ポイント用にTimeCapsuleを購入しましたが
Mainのコンピュータがcube/800mhzなのでLeopardはインストールできず
Timemachineのバックアップ先としては全く利用できてません(‥ゞ

と言うか、Egwordのデータが結構あるので販売停止となってしまった現在Leopardに移行できないのが正直なところです。

宝の持ち腐れかも?

そこでDVI & ADC Sharing Boxなる物を購入しました。
Canguroの下に、もうすぐ発売されそうなMacminiを置き
CinemaDisplayを共有させようと思ってます!

この場合現在Cubeで使用しているファイルやデータなどをMacminiの中に移してしまえば、TimemachineでTimeCapsuleにバックアップできると思うのですが、cubeでMacminiの中のデータをいじってもバックアップには問題はないですよね?

ところでCanguroはほんとに素敵ですねぇ♪
cubeによく合います
現在販売してないのが不思議なくらいです!

イシダ:

こちらこそお世話になっております!

移行アシスタントでCubeのシステムデータをMacminiに転送すれば、問題は解決するのではないかと思います。
もちろん、Canguroの下にMacminiはすっきりと収まりますよ〜。

Canguroは自分でもかなり気に入っているアイテムです。Cubeスタンド以外にも利用可能ですので、ある意味一生使っていただけますよ!(社では小型プロジェクターの台としても使われています)
機会があれば再販したいですねぇ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ