« でるらしい。 | メイン | ポリタンG3、成り上がる。 »

フルスペックMacmini

Macmini (intel)のアップグレード作業を行いました。

元のスペックは CoreDuo 1.66Ghz ,512MB mem  ,80GB HDD です。

今回のアップグレードでは下記の構成で承りました。

CPU: Core2Duo 2.33Ghz

メモリ: 2GB

ハードディスク:200GB (7200回転)

現時点で2.5インチ7200回転の最大容量である200GBを搭載したフルスペック状態です。

アップグレードしたあと、どれぐらいの違いが出るのかを、いつもの簡単なテストで比較してみました。

・iTunesにて46分3秒(468MB)のCDをAAC 128kbpsで読み込む時間。

・Cinebenchでのレンダリングテストを行い、完了までの時間。

・電源ボタンを押してからデスクトップのアイコンを表示しきるまでの起動時間。

iTunesエンコード

Cinebenchレンダリング

起動時間

CoreDuo 1.66Ghz

(5400回転 80GB,512MB mem)

3分37秒

51秒

28秒

Core2Duo 2.33Ghz

(7200回転 200GB,2GB mem)

3分38秒

34秒

23秒

iTunesのエンコード時間はほぼ変わりありません。もしかすると光学ドライブの読み取りスピードがボトルネックになっているのかもしれないです。

Cinebenchのレンダリングは見た目でもかなり速さを感じます。(G4プロセッサと比べると圧倒的なはやさですね)

起動時間は5秒ほど短縮されています。おそらくCPUとハードディスクの総合的な効果だと思われます。(起動時間中の5秒は貴重ですよね)

フルスペックMacminiを検討中の方は参考にしていただけると幸甚です。

数値だけ見るとそれほど違いが無いようにも思えますが、実際の操作時のレスポンスはかなり向上しますよ〜。

おまけ情報:

本日Macminiをお持ち込み頂いたお客様のMacminiの冷却板(スピリカ的には)です↓

外すのが面倒だったので、そのままご持参とのこと。

この冷却板はアルミ製のブックエンドとして東急ハンズで購入できるそうです。(値札は550円と表記されております)

アルミ製なので以前紹介させていただいた無印のブックエンド(スチール製)より放熱効果が期待できますね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/664

コメント (1)

(´Д`)y─┛~~:

まったく同じカスタマイズ希望しますが、
おいくらでできるのでしょうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ