« Pismoよ、永遠に。 | メイン | 最近気づいたいたことや気になること »

GigadesignsのCPUを水冷化してみました。

今日の東京は梅雨らしく雨の一日でしたが、やはり蒸し暑いですねぇ。

先日のエントリーを見ていただいたどうかは定かではありませんが、PowerMacG4(digital audio)の水冷化作業をご依頼いただけました!
CPUアップグレードはしたいけど、夜中の作業が多く、Macがうるさくなるのが困るということで、水冷化のご提案をさせていただいたわけです。

CPUはGigadesignsの1.5GhzCPUシングルです。ノーマルの状態でもそこそこ静かではありますが、水冷化を行うことで筐体内に熱がこもらなくなるので、PowerMac本体に対して思い切った静音化を施せるのです。(CPUを変えると本体の電源内蔵ファンと筐体内の12cm角ファンは、ほぼフル回転状態になり、かなりの騒音になります)

RIMG0011.jpg

RIMG0005.jpg

CPUの水冷ヘッドの固定ですが、Gigadesigns用にアダプタプレートを製作しました。
(DualCPUでも対応できます)
水冷ヘッドとラジエターはおなじみKoolance製です。
シングルCPUであれば放熱に余裕ありますので、ラジエター内のファンも静音タイプに変更しています。あわせて、筐体内のファンと電源内部のファンも静音化しましたので、かなりの静音性です。
机の下に置くのであればほとんどMacの稼働音を感じることがないレベルです。

RIMG0006.jpg

RIMG0009.jpg

夏の夜中でもMacの騒音に邪魔されることなく、集中して作業を行いたい方にはオススメとなっております。ぜひご検討ください。
ちなみに、Gigadesigns 用の水冷アダプタキットはいくつか数がありますので、ご希望の方はお問い合せくださいませ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/652

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ