« 新MacBookProのCPU | メイン | WWDC2007について »

これでいけるのか?CrossOver Mac

CrossOver Mac がバージョンアップしたそうです。(正直すっかり存在を忘れていた)
詳しいレビューがこちらに↓
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0706/08/news044.html
読んでみるとアプリの互換性や、安定性ではもう一息といった感じです。

ただ、このCrossOver MacはWinのOSライセンスが不要なのと、ウィルスの驚異から避けられる(Win環境から比べると圧倒的に)という観点からは非常に有効な手段であると思うのです。
オンラインショップのカートシステムやオンラインバンクなどで、Winのブラウザでないとちゃんと動かないサイトって結構ありますし、とりあえずWinのIEとOfficeさえ動けばOKという需要も多そうです。今後の動きに注目したいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/646

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ