« そんなぁ。 | メイン | 最後のG4プロセッサ7448 »

Giga vs Sonnet Cubeの場合

ここ最近PowerPC G4 7455のCPUの価格がこなれてきたことにより、G4マシンのCPUアップグレードカードの選択肢が増えてきましたね。
Cubeにおいてもその状況は同様で、ここ最近7455搭載のGigadesigns 1.4Ghz for CubeがVintageComputerさんでも人気のようです。

 L3(3次キャッシュ)の有無で1.8Ghz 7447 との実際の性能差がよくわからなくて、どちらを選べばいいのかユーザーの悩みどころなのですが、先日ひとつのCubeでCPUだけを入れ替えて(Sonnetの1.8GhzとGigaの1.4Ghz)ちょっとしたテストを行ってみました。

Cubeの環境:メモリは1GB、光学ドライブはUJ-85J、ハードディスクはSeagate Barracuda 7200.9 120GBです。

                 CPU

iTunesエンコード

Cinebench

ヒートシンクの温度

Core Duo 1.66Ghz (Macmini)

 2分53秒

Gigadesigns 1.4Ghz for Cube (7445)

 3分48秒

2分47秒

40℃

Sonnet  1.8Ghz for Cube (7447)

 3分49秒

2分18秒

40℃

Core Solo 1.5Ghz (Macmini)

 3分01秒

といっても、たいそうなテストではなく、iTunesのエンコードとCinebenchだけですが・・・

iTunesは46分3秒(468MB)のCDをAAC 128kbpsでCDの読み込みが完了した時間です。(読み込み中の曲の再生は無し)

すると1.4Ghz(7455)と1.8Ghz(7447)ではほとんど差がありませんでした。

やっぱり同等性能なのかなぁと思ってCinebenchでレンダリングテストを行ってみると1.8Ghz(7448)の方が大幅に処理が速く完了しています。

やはりレンダリングなどの計算処理ではクロックが高い方が有利なようです。

(エンコードとはCPUの使い方が違うんでしょうね)

実際のファインダーなどの操作でも、正直なところ速度の違いを感じることはありませんねぇ。

選択のめやすとしてはOS9をよく使う人には互換性の高い1.4Ghz(7455)、OSXがメインでビデオの編集などもやるという人は1.8Ghz(7447)がオススメというところでしょうか。

気になるCPUの発熱は同等レベルと見て良さそうです。

参考までにMacminiもiTunesでテストしてみましたので参考にしていただければ幸甚です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/635

コメント (3)

ぷー:

7447の間違いですよね。

以前自分が感じたことを書かせていただきます。
7455のsonnetの1.2GHzを使っていたとき、gigaの7447のdualよりもエンコード時間が早かった記憶があります。でも起動時間は7447の方が早かったような記憶があります。

イシダ:

ご指摘ありがとうございます。仰るとおり7447の間違いでしたので、修正させていただきました。

ぷー:

vintage computerさんのほうで7448を搭載されたということがあったんで石田さんも隠れてやったのかなぁっておもっちゃいました

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ