« オススメのRSSリーダーは? | メイン | シャッフルも電気がなければただのクリップ。 »

iTunesのDRM

最近iTunesのDRM(デジタル権利管理)
についていろいろと動きがありますね。

ノルウェーではiTMSで買った曲がiPodでしか聞けないのは違法だとされたり。
(ふつうは特定のデバイスでしか聞けないサービスなんて強烈なデメリットになって
自滅するはずなんですけどね)

ジョブズさんが「FairPlay」を開放しろという声に対し、
「レコード会社の方こそDRMをなくせ」と反論したり。


違法コピーを増長するからDRM入れろといわれて入れたら、
今度は他のメーカーの製品が売れなくなるからDRM外せって、
そりゃジョブズさんもキレます。

ずいぶん前にもどっかで書いたのですが、違法コピーして音楽を
聴くユーザーは、端から音楽を購入する気などないのです。
コピーされた音楽を取りこぼした利益として算出するからおかしくなるのだと思います。

DRMなんかでユーザーをしばるよりも、音楽を求めやすく、また、聞きやすくすることが大切であって、それが利益につながると思うんですけどねぇ。

ジョブスさん、陰ながら応援しております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/618

コメント (1)

飛狼:

この問題、なかなか上手くは行かないでしょう。
要はiPod+iTunesStoreに待ったをかけたい勢力と、Appleに音楽のネット販売を押さえられて面白くないレーベル(日本だと芸能事務所も含まれるかな?)側
とのせめぎ合いでしょうから。
DRMを外すことになっても、今度はファイルの形式についてACCに因縁付けて来るだけでしょうね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ