« あけましておめでとうございます。 | メイン | iPodの液晶を交換!その2 »

マウスの重さを執拗に調べてみる。

mousetop.jpg

以前ワイヤレスマウスはいまいち使えない的なことをどこかに
書いたのを覚えているんですが、今さらながらApple Wireless Mighty Mouseを
購入いたしました。
(実は自宅で使ってた白キーボードとMighty Mouseのセットを妹に進呈してしまったので、
同じものを買うよりかはちょっと冒険してみたくなったのです)

20061230047.jpg


ワイヤレスマウスを購入する時に気になってしかたがないのがその重さ。
そこで、マウスの重量を実測してみました。

まず、電池がいらない普通の線つきMighty Mouse。
78gと軽いのでマウスを持ち上げる操作も違和感なし。
(イシダとしてはこの重さがベストなのです)

20061230041.jpg


次にWireless Mighty Mouse(付属リチウム電池2個入り)
110g  2個入れてもこの重さ。リチウム電池は軽いです。(でも高い)
Mighty Mouseとくらべるとやや重くなった感じは否めません。

20061230044.jpg


そしてWireless Mighty Mouse(ニッケル水素電池2個入り)
Wii効果で人気爆発感漂うeneloopを使用。
それでも136gあるとさすがに違和感ありすぎます。重いです・・・
20061230043.jpg


リチウム電池は高いし、充電できるニッケル水素だと重くてイヤ。
庶民としては充電池であることは譲れないので1個搭載で試したところ
なかなか好感触が得られました。
重さも114gで、まぁ我慢できる範囲です。
(片方だと重量バランスが若干くずれる感じはする)

20061230045.jpg

20061230042.jpg

2.3日使ってますが、だいぶ慣れてきた気がします。
eneloopはWiiのリモコンでも使っているので、電池が
全く切れて困ってしまうリスクも対策済みです。
(eneloopは従来のニッケル水素と違って自然放電しに
くくていいですよ!)

マウス自体の使い勝手も悪くないです。
ポインタの追従も線つきと遜色ないように思います。
あと、不安に思っていたParallelsでのWinXP上でも何も
設定することなく使用できています。(ウィンドウ間の移動もスムーズ)

ここまで書いてて、なんだか自分の購入した理由をいっしょうけんめい肯定
しているような気がしてきてならないのですが、しばらくまじめに使ってみます。


spilog03.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/606

コメント (1)

Borg Cube:

コードレスマウスの重さは私も気になってました。
ずっとApple純正の有線マウスしか使っていなかったので、始めてコードレスマウスを購入したときにはそのあまりもの重さに閉口してしまいました。
でもデスク上でマウスのコードが邪魔なことも確かなので、現在はモバイル用のコードレスマウスを使っています。
私は手が小さいのでモバイル用のほうが使いやすいです(比較的小さいMacの純正マウスの大きさに慣れているということもあると思いますが)。
現在メインで使っている2台のMacで使用しているのはどちらもLogicool製の単3乾電池1本のタイプのもので、アルカリ乾電池込みで88gと92gです。
これでも最初は重いと思っていましたが、今は慣れました。

イシダさんの
> リチウム電池は軽いです。
というのが気になって電池の重さをちょっと調べてみました。
いずれも単3サイズ1本の重さです(メーカーによって多少の差はあると思いますが)。
マンガン:19g、アルカリ:23.5g、オキシライド:23g(以上Panasonic製)、ニッケル水素(SANYO製):27g(1700mAh)〜31g(2700mAh)(eneloop(2000mAh)は27g)、リチウム(FUJIFILM製)15g。
たしかにリチウム電池は軽いですね。
私のマウスだと電池込みでも80gほどにしかなりません。
でも高いのでさすがに常用する気にはなりませんが。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ