« Macmini用冷却板 | メイン | Mac Proってスゴい。 »

Macmini用冷却板 その後

RIMG0014.jpg

Macmini用冷却板をテストしてみました。
テストはCoreSolo 1.5Ghzで行っております。
(測定時の気温は24 ℃ぐらいです)

RIMG0015.jpg


iTunesビジュアライザをオンにして30分ほど稼働させています。

Macmini底面の温度

冷却板(アルミ) なし   41.1℃
冷却板(アルミ) あり   34.3℃

効果はあるのですが、冷却性能は前回の無印謹製アングルと大差が
ありません・・・

ちなみに下記が測定時のTemperature monitorの値です。
(Ver 4.0になってMacminiでも細かい箇所の温度が測定されます)

冷却板(アルミ) なしの時
mini-cool1.jpg


冷却板(アルミ) ありの時
mini-cool2.jpg

残念ながらCPUなど主要な内部のパーツには影響がないみたいです。

やはり抜本的な改革のためには、改造のメスが必要なのかもしれない・・・


spilog03.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/592

コメント (2)

こびと:

アルミは自己放熱しにくい素材です。
放熱板に導風する術を考えると良いかもしれませんね。
銅を使うともっと冷えますよ。

Anonymous:

銅は熱伝導率がいいから熱はよく奪ってくれるが、放熱はアルミのほうが上

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ