« Koolance Exos-LT | メイン | 夏でもsnow! »

Wireless Mighty Mouse

ついにワイヤレスになりましたねぇ。
注目すべきはレーザー読み取りになり、電池が一本でも
運用可能なところでしょうか。

ちょっと前なら飛びついていると思いますが、イシダは
ワイヤレスマウスにはちょっと懐疑的になってしまって
いるのです。(別種で2個使った経験あり)

ワイヤレスマウスの長所と短所をあげると。

長所:コードがない。見た目にすっきりしている。

短所:重くなる。(電池のため)
   電池の取り替えが面倒。
   充電が面倒(ニッケル水素などの充電池を使う場合)
   運用にお金がかかる(電池代)

ワイヤレスマウスはまだ、デメリットの方が多いと感じてしまいます。

とくに電池による重さはイシダには致命的でした。
白Apple Wireless Mouseを以前使った時には、重さにどうしても
なじめずギブアップしたのです。
当時は電池もいろいろ試してみたんです。
ちょっとまとめると。

重い アルカリ電池>ニッケル水素電池>リチウム電池> 軽い
安い アルカリ電池>ニッケル水素電池>リチウム電池> 高い
電池のもち悪い ニッケル水素電池>アルカリ電池>リチウム電池>  電池のもち良い


アルカリ電池は重くてゴミになるのでまず不採用。
リチウム電池はだいぶ軽いのですが、価格が高いのと手に入りにくさがネック。
(主にカメラ用備品として売られている)
充電できてゴミのでないニッケル水素で運用しようと思ったのですが、
仕事で毎日終日使うと1週間もたないんです。
(ニッケル水素電池は自己放電しやすい特性がある)

最終的には単に見た目の追求のためにゴミが出るむなしさと運用の
面倒さに嫌気がさし、マウスぐらいワイヤードで良いんじゃないの
という結論に達しました・・・
(実際、電池のこと考える方がストレスになった)

ではイシダが考える理想のワイヤレスマウスは?というと。
電池は軽いリチウムイオンポリマーを内蔵し、充電は非接点型で
キーボードやMac本体に寄せておくだけで充電できるものです。

上記のものなら15000円ぐらいでも買います。たぶん。


追記:ちょっと調べてみたらこんなの出てたんですね!
バッテリーフリーワイヤレスマウス
http://review.japan.zdnet.com/input/sanwa-ma-whnbs/review.html

いいかも。と思ったけどよくよく考えるとマウスパットにコードついていたら、
見た目には微妙だ・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/548

コメント (1)

あべっち:

今は、WACOMのFAVOを使っています。ほとんどペンは使わずにマウスの見つかっています。ちょうど石田さんが追記していたワイヤレスマウスと同じ携帯です。マウス自身は軽く、ワイヤがあっても気にならない(常時おいてあるので)のでとっても気に入っています。しかし、持ち歩きには適しませんので、持ち歩きには別の方がいいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ