« やっぱり止めとく。 | メイン | ジャケ買いでもないが。 »

PowerMacG4(FW800) 水冷化

本日の作業中。
mdd01.jpg

PowerMacG4 FW800 (1.4GhzDual)+Radeon9800という構成です。
水冷キットはPOSEIDONのニューバージョンを使用しました。

さすがに1.4GhzDualとRadeon9800ではノンファンという訳には
いかなかったので筐体内部の12cmファン(1200回転に交換)を使って
ハイブリッド仕様にしています。

TemperatureMonitorのCPU温度測定結果
(1時間のアイドリング、室温27℃)

水冷化前   57度前後
水冷化後   54度前後

CPUの温度は3度程度しか下がっていませんが、
騒音は大幅に減り、筐体内の熱もこもらないように
なりました。
(ラジエターのファンスピードは弱めで、電源内の
ファンも交換しています)

コラム中ではあまり触れていませんが水冷化でもっとも
コツがいるのはホースの取り回しだったりします。
適切に配置しないと、ホースが折れ曲がったり、筐体ハッチが
閉まらなかったりするのでご注意ください。
(下記画像参考にしていただければ幸甚です)

RIMG0007.jpg
装いも新たに。

RIMG0007_1.jpg
もとのヒートシンク。デカくて重いです。

RIMG0008.jpg
ポンプ。新しくなってます。

RIMG0005.jpg
内部画像 その1

RIMG0006.jpg
内部画像 その2

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/545

コメント (1)

sawada:

>>水冷化でもっともコツがいるのはホースの取り回しだったりします。

これ、重要ですね。
以前作った時は、冷えてる状態ではホース自体の硬度でカーブを保っていても、
温水が流れると柔らかくなって折れてしまい、取り回しを変えました。
途中に継ぎ手をかませるとくるくる回せて後々ラクチンかも、ですね。
(ちなみに前に作った水冷cubeの外付けポンプがうっとうしくて、この間
ニューバージョンのポセイドンに交換、無事一体型になりました。)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ