« 夏でもsnow! | メイン | くびふりヘッドのiMac »

Koolance Exos-LTを試してみた。

Koolance Exos-LTの追加レポです。

RIMG0156.jpg

先ずは設置。
高さ25mmのゴム足を取付けることでPowerMacの上部にすっきりおさまります。
(ゴム足は東急ハンズで入手)
背面のホース、電源の取り回しもスマート。
電源はPowerMac内の電源コネクタから取ります。

RIMG0158.jpg


テストしたCPUはSonnet Encore/ST G4 DUET 1.8GHz Dual です。
AGPマシンは水冷ヘッドを取付けるスペースが限られるので、
厚みのある水冷ヘッドは使えません。(ホースのフィッティングの位置も注意が必要)

今回は3mm厚のアルミプレートを2つのCPUコアの上に設置し、その上に
innovatekの水冷ヘッドをのせ、spiricaの水冷アダプタ WCA-01で固定しています。
(ちょっとずれた感じに見えますがこの配置でしか設置できません)

RIMG0148.jpg


設置が終わったら早速稼動テスト!
CPUコアに載せたアルミプレートにKoolance Exos-LT付属の温度センサーを取付けて温度
を観測します。

RIMG0155.jpg

そして稼動。

RIMG0223.jpg

起動して30分後の温度です。(室内の温度は25℃)
手前の34℃の表示はCPUプレートに設置した温度センサーの温度です。
Dual1.8GhzのCPUでこの温度なので冷却性能は高いと思われます。

ラジエターの風量は前面パネルのModeボタンで3段階に切換え可能です。
テスト時は最低の風量で稼動していています。

ラジエターの動作音は静かな方だと思いますが、どうしても気にある
人はもっと静音タイプのファンに変えてもよいかもです。(CPU付属のファンよりはよっぽど静かです)

テストマシンはPowerMac筐体内の12cmファンを取り除き、電源内のファンも
交換している状態ですので、静音性はかなりのものです。

このKoolance Exos-LTは値段がちょっと高いのが気になるところですが、
性能的にはかなりのおすすめです。

一体型で設置も簡単なので、水冷Mac初心者にも最適だと思います。
興味のある方は是非トライしてみてください!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.spirica.jp/mt/mt-tb.cgi/550

コメント (9)

ぷー:

macではないのですが、ただいまWindowsマシンを水冷かしようかといろいろと考え中です。そこでお尋ねしたいのですが、水冷のヒートシンクなどを取り付ける場合、どれくらいの強さで押さえつけるのがいいのでしょうか?市販品だったらいいのですが、べアボーンキットということもあり、自作でいろいろとものを作らないとだめなもので、わかる範囲でお願いします

イシダ:

水冷ヘッドの固定については、結局ナットやネジなどで手締めに
なります。
ですので、ヘッドが動かない程度かつ、基盤が曲がらない
頃合いで固定することになります。
締め具合については個体によって違いますし、
微妙な力加減なのでなかなかお伝えする事はむずかしいです。
すみません。

Exos-LT購入者:

はじめまして。
この夏、こちらの書込みをみて思い切ってExos-LTを購入しました。

>ラジエターの動作音は静かな方だと思いますが、
>どうしても気にある人はもっと静音タイプのファン
>に変えてもよいかもです。
>(CPU付属のファンよりはよっぽど静かです)


もし宜しければ、ファン交換の手順を伝授していただけないでしょうか?

なぜかと申しますと。
あくまでも個人的な感想ですが、Exos-LTのファンの音は、
想像以上に十分にうるさい為です。
モード1(最低回転数固定)でも、うるさい。
モード3(最大回転数固定)では、サーバールームなみの騒音。

素人なりにExos-LTを分解し始めて、断念しました。
肝心の冷却ファンですが組み立て手順で一番奥にありそうです。
正直、冷却ファンまでたどり着けませんでした。
冷却ファンを隠しているラジエターが邪魔しています。
ラジエターは、ポンプと外部からのパイプで身動きできない。
内部の冷却パイプを一度取り外さないと、おそらく無理な感じです。
しかし冷却パイプを外したり付けたりの行為は、内部パイプ
の接続部位から冷却水漏れを招く恐れがあります。
できればやらない方が無難かもと感じています。
後の事を考えると正直怖いです。

そこで経験者様から分かる範囲で結構ですので、分解とファンの交換の
アドバイス、コツを伺えたらと思い切羽詰まって書込みしました。
宜しくお願いします。

イシダ:

こんにちは。

Exos-LTのファン交換はラジエターユニットを外さないと不可能です。
下記の画像のような状態になればファンは外せます。
http://www.spirica.jp/blog/archives/imgs/Exos.jpg
(すみません。上記の画像しかありません)
ホースやパイプは一切外す必要ありません。
また、ポンプユニットははめ込みになっていますので、これも外すと作業がやりやすくなります。

Exos-LT購入者:

イシダ様、こんにちは。

早速ありがとうございます。

>Exos-LTのファン交換はラジエターユニットを外さないと不可能です。
>下記の画像のような状態になればファンは外せます。
>http://www.spirica.jp/blog/archives/imgs/Exos.jpg
>(すみません。上記の画像しかありません)

公開いただきました画像の状態までは、素人ながらなんとか
たどり着いたのですが。
その後、ラジエターが邪魔でなんとか隙間からファンを
かすかにみるだけで、あきらめて再組み立てしてしまい
その後で、悩み先程の書込みをしました。

>ホースやパイプは一切外す必要ありません。
>また、ポンプユニットははめ込みになっていますので、
>これも外すと作業がやりやすくなります。

イシダ様からの上記2点の情報は、とても朗報です。
ありがとうございます。

ポンプユニットは、どの様にはずせばよいでしょうか?
コツとかありますでしょうか?

昔から、壊す事はできるけど修復できない状態にして
しまう事が多く、おっかなびっくりで、もし手順とか
あれば伺えると助かります。
宜しくお願いします。


画像までの手順:
1、両サイド下側に3本ずつあるネジ6本と、後ろ側の小さな
  ネジ2本をまず最初に外すと下板が外れました。
2、本体をひっくり返しで、ラジエターを固定している大きな
  ネジを手で緩め外し、ラジエター固定金具も外しました。
3、本体をひっくり返して、正常な置き方にして、ファン上部
  の中央部4本を残し、前部2本ネジと後部2本ネジを外しました。
4、電源回路の近くの大きなネジを外す為、PCのHDD用の電源
  コネクターの様な端子を引き抜き、大きなネジ2本を手で外し
  ました。
5、この後、イシダ様からいただきました画像の状態になりまし
  たが、この先、どうやったらラジエターを押しのけ、ファンへ
  たどり着くのか分からず、むりやりは壊す元と思い、
  ここで、(先程の書込み前は、)断念しました。

イシダ:

ラジエターの固定金具を外した段階で、わりと簡単に引き上げられると思うのですがだめでしょうか?

また、ポンプユニットは、はめこみの爪がありますので底の部分をマイナスドライバなどで少し起こしてやると外れやすくなると思われます。
(現在Exos-LTの本体自体がないので画像でお知らせすることができません。
誠に申し訳ありません。
また、ファンの交換は保証対象外となりますので、ご自身の責において作業を行ってくださいませ)

Exos-LT購入者:

イシダ様、こんにちは。

御礼、返信が遅くなり、誠に申し訳ございません。
丁寧な御返信をいただきましてありがとうございます。

>ラジエターの固定金具を外した段階で、わりと簡単に引き上げられると思う
>のですがだめでしょうか?

おかげさまで、前進しました。
ラジエターが、フロントバネルの底パネルのL字に飛び出している
ひさしにひっかかっていましたので、悩んでいましたが。
それは、ラジエターがチューブ4点でそのひっかかる様な位置に
ラジエターを鎮座させていましたので、少しずつラジエターをポンブ
側に押しやりながら、(どこかのパーツに、もしかしたら負担をかけ
ているかもしれませんが勢いでやってしまったので悪影響については、
もしあってもまだ気づいていません)前部底辺のひさしを越えさせ、
引き出すことが出来ました。
ファンをしっかりと見る事ができました。

余談ですが。
意外に高速なファンが付いていること分かり、驚きました。
Exos-LTの設計コンセプトを勝手に想像すると、静音化、という観点は
2の次、3の次、(上位商品の低価格化、コンパクト化、などが優先で
純正のアクセサリーなども中途半端なコンセプト商品であったりとかも
発覚しましたし、現状コストパフォーマンスの悪い仕様だと感じる様な
レベル)の商品であったのかもと思いました。

前回の問い合わせ前は、少し霧中でさまよっている気分でしたが、
問い合わせした後、イシダ様のご助言を拝見させていただき、思考
錯誤し霧の中からわずかに光が差した様な感じで、どうすればよい
か、推測ができるようになりました。
そこで、勇気を振り絞ってExos-LT分解に再チャレンジしてみました。

>また、ポンプユニットは、はめこみの爪がありますので底の部分をマイナス
>ドライバなどで少し起こしてやると外れやすくなると思われます。

ご助言ありがとうございます。
ここから先の分解は、冷却用の交換ファンを購入して手元に来てから
チャレンジしてみようと思っています。
その前に、個人的な推測ですがポンプユニットを外すには、電源基盤
部位で、ポンプユニットを固定しているネジがあるので、それを
なんとか外す必要がありそうです。
取り付け取り外しにコツのいる所にネジがついています。
その後、イシダ様のご助言の様な分解のコツを活かして、将来作業を
行なってみたいと思っています。

>(現在Exos-LTの本体自体がないので画像でお知らせすることができません。
> 誠に申し訳ありません。

恐縮です。
十分な情報です。
参考になっています。

>また、ファンの交換は保証対象外となりますので、ご自身の責において作業を
>行ってくださいませ)

ご忠告ありがとうございます。
確かにそうです。
そこが素人にとって、大きなハードルになっています。

しかし、計画では、すでにMDDのCPUを取り外して、御社の
『PowerMacG4 MDD用水冷アダプタキット WCK-MD』
http://www.spirica.jp/products/macitems/wck_md/index.html
を活用させていただき、(目的が水冷化でなく、静音化をしたい、を
目標として、投資をしてしまっていますので、肚をくくるしかない)
静音化を論理的に成し遂げる為には、ある程度覚悟して、でも落ち着いて
確実に実行する為に皆様の御意見にしっかりと耳を澄ませて、チャレンジ
していきたいと思っています。

ご挨拶が遅くなりましたが、御社の商品
『PowerMacG4 MDD用水冷アダプタキット WCK-MD』とセット商品を
分け合って、異例ですが、イシダ様から直送していただいた者です。
もし宜しければ、これからも、ご助言いただけますと助かります。

現在、MDD_Dual1.25GHzへの静音化投資計画中ですので、Exos-LTの
冷却ファンを、どれに交換すべきか、非常に悩んでいます。

単純に8センチファンを低速ファンにする場合、どこまで低速化して良い
のか悩みどころです。
また、応用して、8センチ=>12センチ変換パーツをもし利用できる
ならば、12センチファンを煙突的な形で設置利用することを視野に入れる
ことで、風量を確保しながら騒音を激減させることができるのではないかと、
日々模索中です。

この件で、御意見を求めるのは、イシダ様の商売の智恵を、商売のネタを
GiveAndTake無しで、盗む(?)事になる、必要以上のサービスのご提供
を望み、棚ぼたばかり望んでいるかもしれない(?)、と思い悩んでいます。
のでいったんつこんだ欲望を止めておきます。
もしイシダ様がこれ以上のご相談を許していただけるのであれば、Eメール
にて、改めて続きをご相談させていただいた方が良いでしょうか?

追伸;
今回のExos-LTの静音化プランで満足できる静音化が実現できなければ、
その時は投資額に比べて、成果が非常に少ない事にとても悩むことになり
そうですが、
乗りかけた船ですので、イシダ様のお知恵をさらに拝借して
http://www.spirica.jp/develop/oth005/index.html
『ラジエターがファンレス仕様であるものは非常に少ない。
 今回は超静音化にこだわりたいのでファン空冷仕様のラジエターはすべて
 除外する。
 そんな厳しい条件の中で一際強烈なインパクトと性能を誇り、引きつけら
 れたのがZALMANのReserator1である。』

という書込みがありますので。
その様な静音化のノウハウをお持ちであるイシダ様にご相談申し上げて、
イシダ様のご商売上で、静音化技術/ノウハウに則って、水冷化のシステム
のグレードアップ商品、をご提案していただく、ご提案していただかないと
ダメなのかもしれないと、少し思い始めています。
その時は、プロへの投資が必要で、素人考えの予算の投資基準では無理で、
素人考えの自助努力(執着)をあきらめようと思っています。
(まだ、Exos-LTを単体で、電源入れて動作音を確認しただけで、MDDへ
 実装していませんので、推測の段階です、誤解無き様お願いします。)
静音化は一筋縄で、満足した静音化の成果が出せないものなのかもしれない
と実感、勉強中です。
(正直な実感です。)
(相当、投資まで悩んだつもりでしたが、体験してみると想定外の出来事
 が次々、こんな事を日々お仕事にされていらっしゃるイシダ様に対して、
 頭が下がる思いです、イシダ様いつもご苦労様です。)
(実感、初めから成功することを望むのは、甘い、先人の徳のおこぼれに
 あずかれたら、その事にしっかりと感謝!)
(それと、余程日頃の鍛錬(自助努力)、おこないが良いから成果が出る
 のでしょう!?)

イシダ:

ファンを交換する場合の目安ですが、1.2GhzDualでGPUの冷却をしない場合は2500〜3000回転が適当かもしれないです。
ファンの選択は利用OSや環境によって違ってきますので、何パターンか試してみる必要はありますね。

ベストな環境を作るのはなかなか大変ですが、ぜひ頑張ってみてください。

Exos-LT購入者:

イシダ様、こんにちは。

御礼、返信が遅くなり、誠に申し訳ございません。
貴重な情報と応援のお言葉もをいただきましてありがとうございます。


>ファンを交換する場合の目安ですが、1.2GhzDualでGPUの冷却をしない
>場合は2500〜3000回転が適当かもしれないです。

イシダ様のご商売上大切な貴重な情報を丁寧にご提供下さり、感謝です。
とても、救われました。
事情は、以下に綴ります。

>ファンの選択は利用OSや環境によって違ってきますので、何パターンか
>試してみる必要はありますね。

>ベストな環境を作るのはなかなか大変ですが、ぜひ頑張ってみてください。

ちょっした気の利いたお言葉、心暖かい応援のお言葉にも感謝です。


進捗:
後出しジャンケンみたいな、後だし情報で、申し訳ございません。
以下の様な事を考えています。
進捗ですが。

Exos-LTに標準搭載のファンの型番から、おそらく類似品(?)
類似ブランド(?)であるだろう(?)と思われるファンの仕様を
回転数:3000rpm、30.78dB(A)、 最大風量 40.81CFM
   (DC12V 0.17A)
として。
これを基準にいままで色々考えていました。

しかし、イシダ様の今回のアドバイスから、再度ファンの情報を分析
すると気になる事を発見。
気になる事とは、
Exos-LT標準ファンの表記に、DC12V 0.35Aとある点。
視界にあった情報だったはずですが、完全に意識から消えていました。

下記の汎用ファンのスペックと比較すると、標準ファンは、たぶん
類似型番の汎用ファンと違い、かなりの高速なファンを標準採用されて
いる可能性が高いと推測しなければならないだろう!?
と再認識しました。


もし標準ファンをMax3000rpmとすれば、Exos-LTの低回転モードで
3000rpmの45%の電力でコントロールされていると推測して、
1350rpmであり、そして、12[V]の45%で、5.4[V]であるが、
騒音度合いから推測すると、どうもおかしい。
標準ファンを型番だけで3000rpmと推測するのは、厳しいだろう!?


なぜかと言うと仮に、標準ファンを3000rpmとしたならば、
上記分析から、8センチ1350rpmの2ファンの動作音(騒音)を
うるさいと感じていることになり、
・3000rpmならば、 Max40.81CFM、 30.78db(A)
   (DC12V 0.17A)
・2500rpmならば、 Max32.67CFM (min29.62CFM)、 24.13db(A)
   (DC12V 0.11A)
・2000rpmならば、 Max.26.08CFM (min.23.35CFM)、 20.68db(A)
   (DC12V 0.08A)
・1200rpmならば、 Max14.89CFM、18.74dB(A)以下
   (DC12V 0.08A)
のファン仕様情報を参考にして考えると、何か変であることに気づく。
標準ファンMax3000rpm説を肯定できなくなってくる。
標準ファンMax3000rpmの可能性を想像し難い。

もしかしたら、標準ファンは、電流比率計算で単純に6000rpm位なのか?


話は飛ぶがExos-LT購入ショップのご助言や御社のブログの情報から、
MDD1.25GHzDualで、Exos-LTを運用する為に必要な風量は、Exos-LT
で標準設定できる3モード内の、低回転モードで十分事足りる様な雰囲気
の情報を得ているので。

総合すると、変換後のファンで求められる回転数は、6000rpmの半分以下、
つまり3000rpm以下辺りの風量でも十分だろうと、算出してくださったの
だろう、と推測してみた。

上記の様に今回分析すると次第に、イシダ様のご提案がとても納得できて
きました。


イシダ様のコメントをいただくまでは、型番だけで標準ファンの仕様を
3000rpmと決めつけていました。
その為、ちょっと冒険して、静音にこだわって、8センチファンならば、
2000rpm Max.26.08CFM ( Min.23.35CFM)、 20.68db(A)を交換ファンと
して採用しても楽勝かな(?)、と思っていました。

しかし、今回のイシダ様のコメントを拝見させていただき、驚き、
予想外で、再度、情報分析を始めると、上記の見落としがあった、
(まったく気づいていなかった)ことに気づいた。
イシダ様に感謝です。

ファン購入前で、救われました。

標準ファンの回転数(スペック)が不明であり、素人には判断が難しい
為、イシダ様のご助言を素直に参考にして、静音化重視方向で選択し、
2つとも8センチファンとして、
2500rpm Max32.67CFM(min29.62CFM) 24.13db(A)
を第1候補にしようと思います。

夢見る別案で、変換プラン度がまだまだ低い未知に近い煙突型変換構造
計画。
設置可能となりそうであれば、
1つは12センチファンで、
・1200rpmならば、 Max53.25CFM (min48.13CFM)、 21.87db(A)
   (DC12V 0.18A)
 (風量値と、騒音値は変換上理想的な選択となり、)
そして、セットとなるもう1つのファンは8センチのままで、
・2500rpm、 Max32.67CFM (min29.62CFM)、 24.13db(A)
   (DC12V 0.11A)
にするか、ちょっと冒険して、
・2000rpm、 Max.26.08CFM (min.23.35CFM)、 20.68db(A)
   (DC12V 0.08A)
との組み合わせにチャレンジしてみるか?
もし、後案が大丈夫ならば、かなり静音化に期待できるかも!?とか、
まだ甘い事を多少考えていますが、現実はどうなるか?
いかがでしょうか?

机上の仮説で悩んで試行錯誤していますが、ファンを購入して動作させ
てみるまで分からない。
あまり欲ばると新たな想定外の現実を再び目の当たりするかもしれず?


(ところで、余談ですが、
 上記比較ファンのスペックのMax風量とmin風量の記述をWEBでみる
 と、謎です、比率が理解できない。
 (min風量値を、5[V]低電圧駆動と考えた場合、12[V]の風量と単純
  に数値比率だけで考えると、理解できない。)
 素人では知識不足、短絡的な計算で比率が合わない。)


更に、謎な事。
標準ファンの軸がボールベアリングか、スリーブベアリングか情報無く、
分からないのでファンの選択を悩むところでもある。
理由は、ファンの軸構造で騒音はかなり違うだろうと、WEB情報から
推測しているからです。
ファンを購入してから実動作時、思わぬ一喜一憂があるのだろうか。

期待と不安が交錯する。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ