« 2011年3月 | メイン | 2011年7月 »

2011年4月 アーカイブ

2011年4月11日

MacBook Pro (Early 2011) のSSD化 (Micron C400)

今年になってリニューアルされたMacBook Pro (Early 2011) SSD化をご依頼いただきました。新MacBook ProCorei7のクアッドコア化、新インターフェイスThunderboltが大きな変更点として挙げられていますが、実は密かにSATAのインターフェイスもSATA2(3Gbps)からSATA3(6Gbps)にアップデートされています。

今回取り付けるSSDは最新のMicron C400 256GBをセレクトしました。前モデルのC300ですでに6Gbpsに対応していましたが、C400は読み出し415MB/秒、書き込みが260MB/秒に性能アップしています。(C300は読み出し355MB/秒、書き込み 225MB/秒)


SANY0534.jpg



取り付け自体は既存のMacBookProユニボディモデルと変わりません。

SANY0535.jpg


システムプロファイラのシリアルATAの項目を確認すると、ちゃんと確立リンク速度が 6ギガビットとして認識されています。

c400.jpg


気になるベンチ結果(Xbench)はこちら。


Disk Test 402.86

Sequential 245.00

Uncached Write 420.81 258.37 MB/sec [4K blocks]

Uncached Write 327.79 185.46 MB/sec [256K blocks]

Uncached Read 112.04 32.79 MB/sec [4K blocks]

Uncached Read 506.54 254.58 MB/sec [256K blocks]

Random 1132.70

Uncached Write 1927.54 204.05 MB/sec [4K blocks]

Uncached Write 603.35 193.15 MB/sec [256K blocks]

Uncached Read 2095.56 14.85 MB/sec [4K blocks]

Uncached Read 1138.99 211.35 MB/sec [256K blocks]


公称値には及びませんが、過去のC300でのテスト(MacBook)より読み出し、書き込みともに確実に速くなっています。

起動時の動画です。


起動項目にsafariとChromeを設定してみたところ、デスクトップ表示と共に起動してしまっています! おそるべし読み出しの速度です。
あらゆるアプリケーションの起動速度もハードディスクに比べると段違いです。

新MacBookProには是非ともSATA3(6Gbps)対応のSSD搭載がオススメです!


*注意 iMac (Mid 2011)やMacBook Pro (Early 2011)で Micron C400(あるいはCrucial m4)を利用する場合はファームウェアのバージョンを 0002以上にすることを推奨します。 (ファームウェアのバージョンが0001の場合プチフリーズなどの不具合が発生する可能性があります)

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ