« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月 アーカイブ

2009年10月19日

BOSEの新スピーカーはすごい。

先週の木曜日に、BOSEの新スピーカー製品発表&説明会(@渋谷)に行ってきました。
当日は主に下記の新製品について説明いただきました。
SANY0173.jpgSANY0171.jpg


・天井埋め込みスピーカー Virtually Invisible 791 speakers
・ポータブルスピーカー(ワイアレス) SoundLink wireless music system
・ハイエンドiPodスピーカー SoundDock 10

Macユーザーとして気になるのは、やはりワイアレススピーカーとiPodスピーカーでした。
サウンドリンクシステム
SoundLinkはUSB接続の送信機から無線(ブルートゥース接続らしい)にて音を飛ばせるユニットで、PC,Macにおいてもドライバ不要で手軽に利用できるのが特徴です。
ふだんMacBook Proなどを利用していて、iTunesなどの音楽を手軽にもっといい音で聞きたいというニーズにはぴったりだと思います。 iTunesの音を無線で出力するとなるとAirMac ExpressのAirTunes機能とかぶることろがありますが、SoundLinkはiTunes以外の音(WEB上の動画やDVDプレイヤーの音声など)も飛ばすことができるのが利点だと思います。バッテリー駆動も可能で電源ケーブルなしで好きなところに配置できるのもいいですねぇ。工夫次第でいろいろな使い方も出来そうです。

サウンドドック10
そして今回の目玉とも言えるSoundDock 10。実物をみてちょっと大きいかなぁと思ったのもつかの間、本体から鳴った音を聞いて度肝を抜かれました!(旧タイプの1.5倍ぐらいの大きさ)

デモの様子。

藤田恵美バージョンのDesperadoとは!BOSE社スタッフの選曲にもやられました。

ウリである低音はすばらしいものがあります。(内蔵されているウーハーがでかいんです)
筐体デザインもスタイリッシュで、iPhoneやMacとも調和しています。SoundDock 10実物を触らせていただきましたが、剛性もしっかりしていて高級感がありました。(重量もあります)

SANY0151.jpg

ゼネラルマネージャーの栗山氏自らアツいご説明をいただきました。

SANY0174.jpg
SoundDock 10はBluetooth dockも別売りするそうです。(来春)
これがあればBluetoothスピーカーとしても利用可能に。

SANY0170.jpg
SoundDock 10に内蔵されているウーハー。iPhoneと比べるとそのでかさがわかります。

SoundLink、SoundDock 10、どちらも素直に欲しくなってしまうのはやまやまですが、いろんなシーンで使える実用性を考えるとSoundLinkがいいなぁと思いました。
でも、SoundDock 10、ほんとにいい音するんですよねぇ・・・ 
どっちも買ってしまうか!(夢)


藤田恵美 - camomile Best Audio - Desperado 藤田恵美 - camomile Best Audio - Desperado

2009年10月14日

MacBook Pro 17インチのSSD化

旧タイプのMacBook Pro(17インチ)のハードディスクをSSDに換装いたしました。
交換用のSSDはちょっと前のエントリーでご紹介したintelのX25-M Mainstream SATA SSDの160GBです。人気のため一時品切れが続いていたのですが、ここ最近出荷が再開されたようです。
IMG_0706.jpg
IMG_0708.jpg

元のハードディスクが100GBだったので、容量的には少しアップしたことになりますが、速度面では大きな改善を得ることが出来ます。同時にメモリも4GB(2GBx2)に増やしていることもあって、体感的には新しいMacに買い換えたほどのインパクトを感じられます。速度アップにはやっぱりSSDが効きますね!
IMG_0710.jpg

おまけの記事:
ご依頼者のご要望をいただき、先日紹介した光学ドライブ→ハードディスク変換マウンタ SATA仕様をMacBookPro 17インチでテストいたしました。(別のMacBookでハードディスク2個積みを検討中)
DN-ES201SATA

PowerBookG4やMacminiでは認識されず利用不可能だったSATA接続タイプのマウンタが17インチMacBookProではばっちり利用可能でした。(17インチモデルは12.7mm厚の光学ドライブが取り付け可能)
IMG_0712.jpg

2HD.jpg

500GBのSATAハードディスクを取りつけてみました。
元の光学ドライブがIDE接続なので、ハードディスクもATAドライブとして認識されます。

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ