« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月 アーカイブ

2007年10月19日

iMac (intel core duo)のハードディスク交換

10月も半ばをすぎて、気温がさがってきましたね。
イシダはここ2,3日カゼをひいてしまい、体調を崩してしまいました・・・
だいぶ流行っているようですので、みなさまもどうかご自愛くださいませ。

と、そんな健康管理もままならぬ輩の前置きはさておき。
先日iMac (core duo)のハードディスク交換を行いました!

ハードディスク内のムービーデータで空き容量が逼迫してきたので、1TBハードディスクへの交換です。今や、1個のハードディスクで1TBの容量が得られるのですよ。スゴイですね。

作業についてですが、iMac G5同様全面にカメラがついているタイプはやや難しめですね。
RIMG0041.jpg

内部の銀紙的なシールドをまず剥がさないとモニターを外せません。
RIMG0045.jpg

モニターを外すとようやく、ハードディスクが交換できます。
RIMG0048.jpg

RIMG0053.jpg

1TB満タンで,レパード・レディ!って感じでしょうか。
ああ来週が待ち遠しい。

2007年10月11日

Touch the future

お久しぶりでございます!

ここ数週間、お休みを頂いたり(カンボジアに行ってました)、雑誌の原稿書いたりして、ブログ書きを滞っておりました。今日ぐらいから平常状態に戻りつつあるので、これからまたぽつぽつ書いていきたいと思います。
と、そんな自分の小さな器量の露呈はさておき、

iPod touch(16GBモデル)を買いました!!実は店頭販売翌日に購入。
以前のエントリーでWIFIに繋ぐ環境がないとまったく意味がないなどとほざいておりましたが、実物を手で触れたとたん、衝撃が走り、すべてが一変してしまいました・・・
071009_1921~01.jpg

071009_1922~01.jpg

とにかく、インターフェースの洗練度が既存のデバイスとは全く異なります。(明らかなエポックメイキング!)
使い勝手などはすでに多くのサイトで触れられているように、本当に使って楽しいモノです。
音楽を聴くということに絞れば、いままでのiPodのほうが操作性は上ですが、1つのデバイスで、しかも優れた操作感で楽しめることがすごい。

まだ、使いこなしていないのですが、他の人にデジカメの画像を直接見てもらうには、iPod Touchが現状で最も最適な機器ではないかとも思いますね。

これから、追加のアプリが充実し、どんどんWiFi環境が整備されることを祈って止みません。

2007年10月25日

Leopard前夜

いよいよ明日 MacOSX 10.5 Leopardが発売されますね!

イシダは予約していないので、明日ビックカメラ(渋谷)で購入しようと思います。
(Apple Storeも行けますが、ポイントが欲しい。せこくてすみません)

事前のレビューなどを見る限りでは Leopardは極端に重たくなっているわけでもなく、Tigerと同等ぐらいのレスポンスで動くみたいですね。
読めば読むほど、早くインストールしたーい!あたらしいDockで遊びたーい!
と思うのですが、冷静に考えると、どのMacに Leopardを入れるべきか悩みどころです。
仕事で使っているCubeは環境移行に時間がかかるのでしばらく無理だし、自宅のMacminiもいろいろ作業中で今すぐOSアップデートは行いたくない状況。
あんまり使ってないPowerBook 12インチなら、何が起こっても平気そうなのでMac柱になってもらおうかと思います。(CPU 867Mhzなのでぎりぎりセーフ)

ではみなさま良いアップグレードを〜。


追記: そ、そういえば自分のMacだけじゃなくて検証用マシンとして社にMacmini(intel) とPowerMacG4(1.5Ghz Dual)がありましたっ!
それぞれテストインストールしてみます!

2007年10月24日

本が出ております

突然の紹介になります。
インフォレスト社より 「Macintoshブラックレポート改—G4 Macを究極改造! 」
というムック本が出ております。
RIMG0080.jpg

なんと、このムック本ではspiricaが内部の記事を監修させていただきました!
(PowerMacG4およびCubeの改造に絞っています)


昨日辺りから全国の書店(たぶん)またはオンライン書店にて絶賛発売中です。(価格は1,260円)
このブログを見ている手練れの方々には、あまり必要ではないかもしれないですが、是非とも店頭でちら見していただき、気が向いたらご購入いただけると幸甚です!

どうぞよろしくお願いいたします。

2007年10月26日

すばらしきLeopardの世界

本日18時になるやいなや、いそいそとビックカメラに買いに行きました〜。売り場はとくに盛り上がってなかったです。(実は18時販売開始というのを知らなくて昼にも行った・・・)
社に戻る前にカレーうどんを食べてレッツ・インストール。
RIMG0081.jpg

パッケージはコンパクトでシンプル。開けにくくて、環境にやさしくないVistaのパッケージとは2味違います!宇宙のホログラムでおれのコスモも燃え上がります!!

ちなみにインストールDVDはダブルレイヤー(2層式)で7.5GBの容量です。

インストールテストに使用したMacは下記のスペックです。
PowerMacG4(AGP)
CPU : Fastmac 1.4GhzDual
メモリ:1.5GB
GPU: Radeon9800(128MB)
RIMG0082.jpg


まっさらな160GBHDD(128GBとして認識)に新規インストールを行ったところ、37分でインストール完了しました。(日本語以外の言語、X11環境、メディアのチェックはスキップしてます)
Leopard初回起動時のイントロメロディーも期待通りいい感じでした。(どのアーティストかはわからない)

ほんの少ししかさわってませんが、すでに様々なサイトで言われているように10.4Tigerより重くなった印象は全然ありません。むしろスクロールなどの機能では10.4よりもサクサク動く気がします。
Dashboard ウィジェットの起動も速いです。

注目のSafari 3も日本語対応になり、表示も体感できるほど速くなっています。
この高速性はグラフィックカードにかなり依存しているのでは?と思ってグラフィックカードをRadeon7500(32MB)に変えて見たのですが、目に見えてもっさりすることはありませんでした。
(とりあえずQuartz Extremeがはたらけばいい感じで動きそうですよ)
おそらく、10.5 Leopardは10.4 Tigerが動くMacなら、ストレスないスピードで利用できると思われます。

こんどは、家に帰って64bitCPU(Core2Duo)のMacminiをレパード化してみます!
Mailがどれだけ使いやすくなっているか楽しみ。

もしよろしければ、みなさまのMacにおいて、10.5 Leopardのインストール結果をコメントいただければ幸甚です。


PowerMacG4(AGP)
CPU : Fastmac 1.4GhzDual
メモリ:1.5GB
GPU: Radeon9800(128MB)
10.5 Leopard インストール完了

2007年10月29日

Leopardが入ったMacmini

昨日自宅のMacminiにOSX 10.5 Leopardをインストールいたしました。
一応、Macminiのスペックを再度お知らせしておきます。

Macmini
CPU: Core2Duo 2.33Ghz
HDD: 7200回転 100GB
MEM: 2GB

インストールの方法ですが、やはりアップグレードインストールは危険と思い、下記の方法で行いました。アップグレードインストールするとインストール後、OSが起動できなくなる事例をいくつかきいておりますので、なるべく新規インストールをオススメします。

1,フォーマットした外付けFIreWireハードディスクにMacmini内蔵ハードディスクのシステムボリュームをCarbon Copy Clonerでまるごと転送する。(クローンを作る)
2、 FIreWireハードディスクから以前のシステムが起動できることを確かめた後、Macminiに内蔵のハードディスクをフォーマットしてOSX 10.5 Leopardを新規インストールする。
3、Leopardインストール後、最初の起動時に FIreWireハードディスクから以前のシステム情報、アプリケーション、書類などを転送する。(起動後にシステム移行ツールを使っても良いかもです)

上記の方法で、特に問題もなくOSX 10.5 Leopardをインストール、以前の情報の引き継ぎができました。

アプリケーションで一番心配だったMailもメールボックス、アカウント情報を引き継いで問題なく利用できています。
1つ前のiLifeアプリも動きます。あと、Atok2006、Parallels、RadioSharkもアプリもOKでした。(あまり純正以外のソフトウェアをもってないんです・・・)
唯一、対応していなくて困ってるのが、SoundSourceぐらいです。(メニューバー上でサウンドの出力を変えられるユーティリティー)これは対応版を待つことにします。

まだまだ使って間もないので詳しいことは言えませんが、全体的な使い勝手が10.5でさらに向上していますね。
とくに、Spacesは秀逸で、費用頻度が高いアプリケーションに1つのデスクトップを割りあてると情報が整理しやすくて作業効率も上がりそう。な気がします。
イシダは今のところデスクトップを4つにわけて利用しています。
1. フリーの状態(主にSafariなどを使う)
2. Mail
3. FireFox (Google Calendar 専用)
4. iTunes, Radioshark
デスクトップの切替はマウスのスクロールボタンに割りあてたアプリケーションスイッチャーで行っています。ParallelsでWindowsをよく使う人は、全画面で割りあてると便利だと思います。
ただし、iTunesなどで負荷がかかっているときにデスクトップを切り替えると若干画面の遷移がもたつくことがあります。(これはグラフィックの弱さとビデオメモリの少なさ<64MB>が影響しているのかも)

SafaiはMacminiだとさらに速くなったような気がします。ネット環境が光ファイバーということもありますが、ほとんどのページが爆速で表示されます。
使い勝手では、実用的になった辞書との連携もすばらしいです。ショートカットキーで呼び出せばWEBページ上のテキストを手軽に調べられます。(ディフォルトのショートカットキーは使いづらいのでCommand+F2に割りあててます)
Webクリップも意外と便利。

MailはメモとTodoが追加されてさらに便利になっていますね。
細かいところではメール検索結果のソート情報が次回の検索時に引き継がれるようになった点です。
今では検索結果は毎回ランキングでソートされてしまっていて、いちいち受信日時でソートし直さなくてはならなかったのですが、LeopardのMailは前回とは別のキーワードで検索しても、受信日時でソートしてくれます。この機能をよく使う人なら解ってもらえると思うのですが、かなりうれしい改善です。作業効率もあがります。


と、ひとまずはこんなところでしょうか。

最後にMacmini改でのLeopard動きを動画でご紹介します〜。

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ