« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月 アーカイブ

2007年5月 8日

最後のG4プロセッサ7448

RIMG0124.jpg

GWあけましておめでとうございます!(休みぼけがちょっと残っておりますが気合いで)

本日はPowerMacG4 QuickSilver(867MhzDual)のCPUアップグレードの作業を行いました。
ご依頼はQSの現環境でなるべく処理速度を上げたいという内容です。
今回CPUアップグレードに使用したのは最後のG4プロセッサ搭載のNewer Technology MAXPower G4/7448 Dual 1.73GHzです!(本当は最速をご希望だったのですが1.8GhzDualは在庫がなかったのです)

取り付けについては他のCPUアップグレードカードと大差はないですが、CPUカードに補助電力を供給するために電源コネクタを接続する必要があります。(QSはCPU周りにスペースが少ないので電源コードの取り回しにご注意を)
また、7447,7445のプロセッサと同様にファームウェアにパッチを当てる作業も行います。

パフォーマンスについては、1MBのL2キャッシュが効いているせいか、7447のプロセッサよりもキビキビ動くような気がしますねぇ。
iTunesでのエンコードテストを行ってみたのですが、46分3秒(468MB)のCDをAAC 128kbpsでエンコードし、 2分58秒で完了しました。
前回のエントリーと比べてみても、Intel Core SoloやCore Duoにも匹敵する処理能力です。

CPUカードのファンの音が結構大きめなのがちょっと気になる点ですが、PowerMacG4の環境でとにかく性能をMaxまであげたいという方にはオススメのアップグレードカードではないかと思います。

2007年5月30日

インストールディスクの謎

本日OSX(Tiger)をインストールする時に起こったことです。
Mac本体はPowerMacG4(AGP)で、お客様がお持ちの10.4.6のインストールディスク(最近店頭で購入)でインストールを行ったのですが、ディスクからの起動中で電源が落ちてしまうのです。(Appleマークのインジケータの回転中)
こういう場合はCPUかメモリが原因であることが多いのですが、システムインストール済みのハードディスクに入れ替えて検証しても、問題が見つかりません。
もしやと思い、古いインストールディスク(10.4)でインストールをおこなったところ、スムーズにインストールが完了しました。その後アップデートも完了し、通常通り使えるのです。

そうすると10.4.6のインストールディスクに疑いを持ちたくなるのですが、他のMacではインストールできたそうです。

10.4.6のインストーラーって何か特別なハードウェアのチェックでも行っているのでしょうかねぇ。
気持ちが悪くて、なんだか今夜寝付けそうにありません。(とうのはウソです)

この件について、もし情報ありましたらお知らせいただければ幸甚です。

2007年5月28日

Apple TVのハック

すでにご存じの方も多いかと思いますが、頑張ればAppleTVでMacOSが使えるみたいです。
『Apple TV』を格安Macに改造
用途さえ合致すれば、やってみるのもおもしろそうですね。

しかし、AppleTVって売れてるのでしょうか。
(購入したって人が身近にいないんですよねぇ)

2007年5月21日

ちょっと魅力ありのSSD

いつのまにやら、SSD(Solid State Drive)が販売されているではないですか。
32GBの2.5インチ パラレルATA(Ultra ATA/66)接続タイプもあるそうです。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070519/etc_transsd.html

これはPowerBookに積んでみたいですねぇ。
もっともSSD(Solid State Drive)にしても、HDDより劇的にデータの転送速度が上がるというわけではないみたいですので、消費電力が低いこと(発熱も低い)、衝撃に強いこと、騒音がないことにメリットが出てきそうです。

もうちょっと安くなってくれればいいんですけどねぇ。
(現在25GBで70,000円ぐらい)

2007年5月17日

iMac (ボンダイブルー)のFBT交換

RIMG0129_1.jpg

だいぶ暑くなってきましたね!今日はアツい作業を行いました。

iMac (ボンダイブルー)が、電源を入れても画面が出てこず、起動できなくなってしまったというご相談をいただきました。もはや古い機種ですがSonnetの600MhzのCPUアップグレード施行済みなので、できれば修理したいとのことです。

ご存じの方も多いと思いますが、初代iMacではこの症状が出るものが少なくありません。
たいていはFBT(フライバックトランス)あるいはアナログボードの交換で直るようです。
今回は新品のFBTが手に入ったこともあり、まずは交換を行ってみました。

iMac自体の分解は手慣れていますが、FBTをアナログボードから外すのに半田ごて(半田吸い取るため)を使わなければなりません。冬ならいいのですが、夏場こういう作業はアツいです。汗だくです。
吸い取る半田の量が多いので、やや手こずりましたが、作業は無事完了しております。

ボンダイくんにはあと3年はがんばってほしいものです。

RIMG0133_1.jpg

2007年5月11日

PowerBook G4(17インチ)のフレーム交換

先日PowerBookG4(17インチ)の液晶パネル部の前面フレームが曲がり、パネルを閉じられなくなってしまったので直して欲しいというご依頼をうけ、フレーム交換の作業を行いました。

実際やってみると、これが想像以上に難しい作業で、前面フレームを外すのに液晶まで外す必要があるのです。
RIMG0121.jpg

RIMG0122.jpg

久々に作業中にじっとり冷や汗が出ました・・・もちろん、ミッション・コンプリートしてちゃんと閉じるようになりましたよ。↓

RIMG0127_1.jpg

2007年5月 9日

白もの3点

RIMG0125.jpg

本日は午後からiBookのハードディスク交換作業を3つ続けて行いました。
大きさは違いますがいずれもiBookG4で120GB(5400回転)のハードディスクに交換です。
(続けて同じ機種を作業すると早く済むのです)
iBookG4のもとのハードディスクは4200回転なので、大容量化とともにパフォーマンスアップにもなります。

最近は2.5インチもディスクの大容量化がすすんできましたねぇ。
近いうちには200GBや250GBのハードディスクが出荷されるみたいです。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0425/samsung.htm
Macminiのハードディスクがそろそろ容量不足になってきたので、出荷されたら換えてみようかと思っております。

2007年5月31日

ケイタイカエタイ

去年の8月後半から使っているNOKIA 804NK (vodafone)が絶不調なのです。
メール送受信するのに1分ぐらいかかるし(その間キーが一切効かない)、勝手に電源落ちたり(電池切れではない)します。最近は電源落ちる度合いがかなり頻繁になってきたので、もうだめです。
ソフトバンクは機種変がおそろしく高額になったし、いっそキャリアも変えようかと。

身近な知り合いはDocomoが多いのですが、端末にあんまり魅力を感じないので、auがいいかなーと思ってます。
店頭で見た感じではW44K(kyocera)薄くて良さげです。

とりあえずMNPの予約でもするとしますかね。

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ