« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月 アーカイブ

2007年4月 5日

あなどれない。MacBookPro

RIMG0094_2.jpg

MacBookProのUSキーボードへの交換作業を行いました。
他のBookタイプと同じように作業時間(30分ぐらい)を見積もっていたのですが、実際行うとかなり難しめでした。

キーボードを外すには、パームレストを含めたカバー部を外して、コネクタを外し、ネジを外し(小さくて多い)、ちいさな留め金(細くて小さい)を外し、といろんなものを外しまくらないといけないのです。初めてやった作業ですが、慎重に、順序を迷いながらも完遂できました。
(結局1時間半はかかりました)

RIMG0096.jpg

次回行うときは半分ぐらい時間短縮したい所存です。

話変わりますが、現行のCinemaDisplayの値段が下がりましたねぇ。
23インチが114,800円。欲しくなってきた。

2007年4月13日

そんなぁ。

images.jpg

MacOSX 10.5 (Leopard)のリリースが10月に延期になると発表がありました。
現在使っているCubeのシステムが今ひとつ調子が悪いので、10.5になるまで我慢して持ちこたえようと思ってたんですけどねぇ・・・
秋までは待てないので近々10.4をクリーンインストールして、やりなおすことにします。
(いろいろ設定し直すのに半日はかかるなぁ、いやだなぁ)

全く話変わりますが、「あとで読む」というサービス、ご存じですか?
ウェブサイトを徘徊していて、ブックマークに入れるまでもないけど、あとで読みたいなぁという記事とかたまにありますよね。
そういったときに、自分のメールアドレス宛にその Webページの内容を送信してくれて、文字通りメールであとで読めるのです。(操作も簡単)
最近知ったのですが、なかなか便利に使えてます。
さらに、Mailで「あとで見る」用のスマートメールボックスを作っておけば管理もしやすくなりますよ。

あとひとつ。
以前紹介したFONですが、明日14日限定でFONソーシャルルーター"La Fonera"を無料でもらえるそうですよ。(送料と手数料を合わせた945円は必要です)
キャンペーンページ

興味のある方はお試しください。
プチ情報でした。

2007年4月20日

Giga vs Sonnet Cubeの場合

ここ最近PowerPC G4 7455のCPUの価格がこなれてきたことにより、G4マシンのCPUアップグレードカードの選択肢が増えてきましたね。
Cubeにおいてもその状況は同様で、ここ最近7455搭載のGigadesigns 1.4Ghz for CubeがVintageComputerさんでも人気のようです。

 L3(3次キャッシュ)の有無で1.8Ghz 7447 との実際の性能差がよくわからなくて、どちらを選べばいいのかユーザーの悩みどころなのですが、先日ひとつのCubeでCPUだけを入れ替えて(Sonnetの1.8GhzとGigaの1.4Ghz)ちょっとしたテストを行ってみました。

Cubeの環境:メモリは1GB、光学ドライブはUJ-85J、ハードディスクはSeagate Barracuda 7200.9 120GBです。

                 CPU

iTunesエンコード

Cinebench

ヒートシンクの温度

Core Duo 1.66Ghz (Macmini)

 2分53秒

Gigadesigns 1.4Ghz for Cube (7445)

 3分48秒

2分47秒

40℃

Sonnet  1.8Ghz for Cube (7447)

 3分49秒

2分18秒

40℃

Core Solo 1.5Ghz (Macmini)

 3分01秒

といっても、たいそうなテストではなく、iTunesのエンコードとCinebenchだけですが・・・

iTunesは46分3秒(468MB)のCDをAAC 128kbpsでCDの読み込みが完了した時間です。(読み込み中の曲の再生は無し)

すると1.4Ghz(7455)と1.8Ghz(7447)ではほとんど差がありませんでした。

やっぱり同等性能なのかなぁと思ってCinebenchでレンダリングテストを行ってみると1.8Ghz(7448)の方が大幅に処理が速く完了しています。

やはりレンダリングなどの計算処理ではクロックが高い方が有利なようです。

(エンコードとはCPUの使い方が違うんでしょうね)

実際のファインダーなどの操作でも、正直なところ速度の違いを感じることはありませんねぇ。

選択のめやすとしてはOS9をよく使う人には互換性の高い1.4Ghz(7455)、OSXがメインでビデオの編集などもやるという人は1.8Ghz(7447)がオススメというところでしょうか。

気になるCPUの発熱は同等レベルと見て良さそうです。

参考までにMacminiもiTunesでテストしてみましたので参考にしていただければ幸甚です。

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ