« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月 アーカイブ

2007年1月 9日

iPodの液晶を交換!その2

RIMG0030.jpg

最近お問い合わせをよく頂くiPod液晶交換第2弾です。
今回はiPod(5G)の液晶交換を行いました。
症状としては起動しても液晶が全く表示されない状態です。
(Macに接続してiTunesからのシンクロ、再生は行える)
原因は落下による衝撃とのことです。Appleに問い合わせたところ
全交換になるということでスピリカにご依頼いただきました。

RIMG0031.jpg

作業的には前回行った4GのiPodと同じぐらいの難易度です。
あらたに判明した注意事項としては液晶を交換する際は、表ケースの液晶画面に
ホコリが付着していないかよく確かめてから裏蓋を閉めるように
した方がよいです。(液晶を取り付ける前にエアダスターなどでホコリを
とばすましょう)ホコリがついていると意外と目立ちますし、作業後ホコリを
見つけても、除去するには2度手間になってしまいます。

RIMG0034.jpg

交換の結果ですが、もちろん、今回も復活をとげました。
iPod(5G)の液晶は故障でお困りの方は是非ご検討ください。

それはそうと、今日の深夜からMacworld Expoの開催ですね!
期待のiPhoneは果たして出るんでしょうか。
久しぶりに起きて見届けようかなと思っています。

spilog03.gif

2007年1月 7日

マウスの重さを執拗に調べてみる。

mousetop.jpg

以前ワイヤレスマウスはいまいち使えない的なことをどこかに
書いたのを覚えているんですが、今さらながらApple Wireless Mighty Mouseを
購入いたしました。
(実は自宅で使ってた白キーボードとMighty Mouseのセットを妹に進呈してしまったので、
同じものを買うよりかはちょっと冒険してみたくなったのです)

20061230047.jpg


ワイヤレスマウスを購入する時に気になってしかたがないのがその重さ。
そこで、マウスの重量を実測してみました。

まず、電池がいらない普通の線つきMighty Mouse。
78gと軽いのでマウスを持ち上げる操作も違和感なし。
(イシダとしてはこの重さがベストなのです)

20061230041.jpg


次にWireless Mighty Mouse(付属リチウム電池2個入り)
110g  2個入れてもこの重さ。リチウム電池は軽いです。(でも高い)
Mighty Mouseとくらべるとやや重くなった感じは否めません。

20061230044.jpg


そしてWireless Mighty Mouse(ニッケル水素電池2個入り)
Wii効果で人気爆発感漂うeneloopを使用。
それでも136gあるとさすがに違和感ありすぎます。重いです・・・
20061230043.jpg


リチウム電池は高いし、充電できるニッケル水素だと重くてイヤ。
庶民としては充電池であることは譲れないので1個搭載で試したところ
なかなか好感触が得られました。
重さも114gで、まぁ我慢できる範囲です。
(片方だと重量バランスが若干くずれる感じはする)

20061230045.jpg

20061230042.jpg

2.3日使ってますが、だいぶ慣れてきた気がします。
eneloopはWiiのリモコンでも使っているので、電池が
全く切れて困ってしまうリスクも対策済みです。
(eneloopは従来のニッケル水素と違って自然放電しに
くくていいですよ!)

マウス自体の使い勝手も悪くないです。
ポインタの追従も線つきと遜色ないように思います。
あと、不安に思っていたParallelsでのWinXP上でも何も
設定することなく使用できています。(ウィンドウ間の移動もスムーズ)

ここまで書いてて、なんだか自分の購入した理由をいっしょうけんめい肯定
しているような気がしてきてならないのですが、しばらくまじめに使ってみます。


spilog03.gif

2007年1月 4日

あけましておめでとうございます。

だいぶ遅めですが。
(先ほど東京に戻ってまいりました)
年末年始はテレビみたりゲームしたりとかなりダラダラ
過ごしておりました。
明日から気合い入れてがんばります。

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

2007年1月25日

新しくなったFastMac G4 card

ここ最近リニューアルされたFastMac G4 card を早速試してみました!

RIMG0046.JPG


まず、外箱のデザインが違う。

専用のプリントがされているので、しばらくこのCPUカードでいくぞ、という気合いを感じます。

RIMG0047.JPG

CPUカード全景です。

前のモデルとは全く基盤構成が異なってます。

(GigadesignsのCPUカードにかなり似ているのは気のせいでしょうか)

ヒートシンクも大型のものが取り付けられています。

RIMG0048.JPG

ファンはPowerMacのモデルによって取り付ける位置が異なります。

今回はAGPモデルなので、画像の位置にファンを固定します。

RIMG0049.JPG

正直、見た感じでうるさそうなファンだなぁと思っていたんですが、
実際に稼働させてみると、これが予想に反して非常に静かなのです。

(いろいろアップグレードカードをみてきましたが、一番静かかもしれない)

前のモデルより確実に静かですし、ファンの音も騒音と感じないレベルです。

では、発熱の度合いはどうかといいますと。

30分ほどiTunesでビジュアルエフェクトをかけたあとで、ヒートシンクをさわっても
さほど熱くありません。(1.5Ghzに設定しましたが、手で触ってもアチチとはなりません)

なるべくCPUカード上で低電圧で動くように工夫されているのではないかと思われます。

速度も1.5Ghz(2MBキャッシュ)あればOSXでもキビキビ動き、通常操作で不足を感じることはそんなにないと思います。

コストパフォーマンスと静音性の面でも、このCPUカードはかなりのオススメ!

ぜひぜひ、G4Macのアップグレードをご検討くださいませ。

*CPUカードはVitageComputerさまで、セール対象品になっています!(1月末まで)
ご利用いただければ幸いです。

2007年1月21日

FONその後。

FONが本日到着しましたー。
思ったより早く着きました。佐川急便の代引きで手数料、送料あわせて結局2925円のお支払い。

で、さっそく接続設定などしました。

20070121052.jpg

本体はなかなか小型です。

20070121054.jpg


まずは、接続準備。ACアダプタ(まぁまぁ小型)をつなぎ、電源をいれます。
そして、LANケーブルをブロードバンドルーターにつなぎます。(イシダはBフレッツ光でプロバイダはExiteBBを利用しております。ExiteBBはFON支援派のようですね。http://www.excite.co.jp/fon/startup/)

Macを起動し、AirMacの扇形マークをクリックすると、AP(アクセスポイント)が表示されます。
FON_APが公開用のAP、MyPlaceが自分用のAPです。(ITOはご近所さまのAPのようです・・・)

airmac.jpg


[MyPlaceの設定]

AirMacのメニュー(上記画面)からMyPlaceを選択します。
接続すると下記のようなウィンドウが出てくるので、パスワードを入力します。
wpa.jpg

セキュリティはWPAのまま、パスワードはFONルーターのシリアル番号です。
(パスワードはキーチェーンに保存しておきましょう)
OKを押せば接続完了します。かなり簡単です。
接続後、WEBブラウザで192.168.10.1のアドレスを入力すればルーターの設定画面に入れます。(IDとパスワードが必要)
ここでは詳細な設定ができますが、あえて変更するならAirMac接続時のWPAパスワードや暗号形式ぐらいでしょうか。(シリアル番号から任意のパスワードに変える。暗号形式をWPAからWPA2に変える。)

[FON_APの設定]

外で公開されたFONの無線LANにアクセスできるようにするには、自分のFONルーターの公開APを通してルーターをアクティベート(登録)する必要があります。
その前にあらかじめ、FONのサイトでユーザー登録しておきます。

AirMacのメニューからFON_APを選択します。
パスワードの要求が出ずに、接続が確立します。
その後どこかのサイトに移動しようとすると、強制的にFONのアクセスポータルサイトに接続されます。

fon1.jpg

サイトの右上にあるLOGINフォームに登録したメールアドレスとパスワードを入力して、ログインします。


ログインしてコミュニティサイトに入った後はインターネット接続が自由に行えるようになります。
(ログインしないとメールなども使えません。ルータの登録は初回ログインで完了します。)
この手順は外部でFON_APに接続する時と同じなので覚えておきましょう。

コミュニティサイトでは自分のAPの位置設定などが行えます。

自分がどこの外部APに接続したかが履歴でわかるのが面白いです。(早くお外で接続してみたい)


というように、思ったより簡単に、Macでも無線接続が出来るようになります。
(イシダは241714人目のFONコミュニティユーザーとなりました)
iPhoneが出るまでにたくさんフリーAPができるといいなぁと思う今日この頃です。


いや、まだ終わらんのです。
おまけで、Wiiからの接続もやってみました。

[Wiiからの接続設定]

20070121056.jpg

Wiiを起動し、Wii設定-インターネット接続の画面を出します。
WiFi接続にして、SSIDを選択し、MyPlaceと入力します。

20070121055.jpg

セキュリティの種類の設定でWPA-PSK(TKIP)を選択し、パスワード(FONルータのシリアル番号)
を入力します。この設定はFONルーターの設定,パスワードを変えていない場合です。
(変えた場合はそれにあわせてセキュリティ、パスワード設定します)
設定を保存すれば、WiiとFONルーターとのWiFi接続が可能になります。

Wiiのブラウザで接続もできます。↓

20070121058.jpg


他の無線APとくらべても接続がわりと簡単なので、Wii接続用としてFONはアピールしても良いのではないかと思ったりします。

2007年1月18日

FONって知ってます?

jp_logoFon.png

こんなのがあったとは。
家庭のワイヤレスインターネット接続を参加者で共有しあうというサービスです。
自身がFONアクセスポイントを解放するユーザーになれば、世界中の他のユーザーのアクセスポイントから無料で無線LANローミングが使えるようになるわけです。

本サイトはこちら
http://jp.fon.com/

接続イメージとかはこっちの方がわかりやすい
http://www.tsukumo.co.jp/fon/about_fon.html

FONのユーザー(いわゆるフォネロ)になるには専用の無線アクセスポイントを購入することが一番手軽なのですが、なんと無線ルーターが1980円なんですよ。安いっ!(送料などは別)
無線を共有するとなるとセキュリティ面が心配されますが、アクセスポイントに2つのSSIDで分けたネットワークが用意されて一つは共有ID、もう一つは自分専用として使うことになります。(2つのネットワーク間は通信できない)

公共の無線アクセスポイントがいまいち増えていかない状況を個人のネットワークで補完していくというプロジェクト、これはなかなか良くないですか?
興味のある方、または無線LANを安く導入したい方は参加してみてはいかがでしょう。
もちろんイシダは早速ルーターの購入手続きをしましたので、世田谷区の一部エリアを担当させていただきます。

追記:La Fonera(専用AP)ってWiiやDSに対応できるのだろうかと気になって調べたところ、こちらのブログでは問題なく接続できたそうです。(Wii用に買うのもいいかもしれないですね)

2007年1月16日

コンセプトはイイと思います。WA1

sony2_1.gif

ソニーがおひつ型PCを発表して、ちょっと話題となっているようですが、同時に発表されたPC用無線オーディオシステム「WA1」がなにげにいいなぁって思います。

iPod用オーディオシステムは巷にあふれているけども、「WA1」のようなPCに取り込んだ音楽ライブラリをレシーバー側でコントロールできる製品はありそでなかったものではないでしょうか。
(単体でインターネットラジオが聞けるのもイイ)


Mac環境で同じようなことをするにはAirMacExplessやAppleTVを使う方法があります。
でも前者はレシーバー側でコントロール出来ないし、後者は出力のモニター(TV)が必要です。
Appleとしては「iPod買って、made for iPodなスピーカー使ってちょうだい」っていうことなんでしょうねぇ。iPod Hi-FiにWA1のようなWi-Fi機能をつければ結構売れると思うんですけど、いかがでしょうか?

2007年1月13日

G5最終型はけっこうすごい。

RIMG0044.jpg

先日PowerMacG5の最終型 (Late 2005)の調整作業を行いました。
実は Late 2005モデルをさわったのは初めてだったのですが、
完成度の高さに驚かされました。

CPUはDualCoreの2.3Ghzで速度パフォーマンスも申し分なく、静音性も抜群に良かったです。
これは、CPU1個(物理上)がバカでかいヒートシンクで冷却
されているからだと思います。

RIMG0041.jpg

RIMG0042.jpg

シングルコアの2Ghz〜2.5GhzあたりのDualCPUモデルは
負荷がかかると発熱が高くてかなりの騒音を発していたので、DualCoreに
よるメリットが遺憾なく発揮されています。
(静音性はMacProと同等のように思います)
クラッシック環境がどうしても必要な方にはかなりオススメしたい
ところですが、中古市場にはあんまり数もないようですねぇ。

こういうのを体感するとPowerPCでがんばって
欲しかったなぁという気もするんですが、もうどうにもならないですね。


おまけ情報:
Late 2005モデルは本体の電源のプラグもオリジナル型でした。
(なぜなのかはわかりません)

RIMG0045.jpg

2007年1月11日

どうなる、ハイブリッドHDD

384a.jpg

そろそろ製品化されそうなハイブリッドHDDですが、果たして
MacOSX ではサポートされるのかが気になるところです。

なんでも、フラッシュメモリへのデータ書き込みには特殊なコマンドが
必要で、今のところVistaしか対応が発表されていません。

ハイブリッドHDDをつかうことによっては下記のようなメリットがあるそうです。
・消費電力の低減
・起動、再起動の高速化
・パフォーマンスの向上
・耐衝撃性アップによる信頼性の向上
・長寿命化
とくに高速化が効くようでOSの起動時間は普通のHDDより30〜40パーセント速い
そうです。

出始めはおそらく高額だと思いますが、
Macでも使えるようになって欲しいですねぇ。

2007年1月10日

iPhone欲しい。

iphone.jpg

うわさどおりiPhone出ましたね。
欲しいなぁこれ。
iPod+safari+Mailが動いて無線LAN搭載なら
電話機能がなくてもいいぐらい。
日本で販売される日を待ち望みたいと思います。
(それまでは携帯とiPodは現状維持するつもり)

Apple TVは興味あるんですが、無線で飛ばしてありがたみを
感じるほどMacとTVが離れていない(要は部屋がせまい)ので
実際に買うことは無さそうです。
ただ、このApple TVはCubeをメディアサーバーにするのに
うってつけの製品ではないかと思います。
普段はモニター外して置いておいて、必要な時はVNC経由で
別のMacから操作すればOKかと。
(ハードディスクも2.5インチにすれば静音、低発熱で運用可能)
Cubeの新たな使い方としてスポットライトが当たるかもしれないですねぇ。

2007年1月29日

そういえば・・・

Windows Vistaが今晩の深夜(0時)から販売開始されるのでしたね。
この寒いなかでも秋葉原はにぎわうのでしょうか。
(もちろん行きませんが)
だいたいVistaってパッケージの種類が多すぎてよくわからないうえに、
32bit版、64bit版もある。いくら何でも分けすぎじゃないでしょうか。
しかも、いまだにパッケージ単体で買えない縛りもあるし。
(いちばん安く買うには、使い道のないFDDも一緒に付いてくる)
どう考えてもMSの都合優先で、ユーザーにやさしくない。
そろそろWindowsもVistaあたりで潮時かなぁと、密かに思ってます。(別のOSが来るのか?)

われらのOSX10.5はそんなことにならないよう、切に願っております。

*OS単体で買えないのはDSP版(Delivery Service Partner)だけでしたね。すみません。(DSP版しか買ったこと無いので・・・)
Vista HomePlemiumだとDSP版とパッケージ版はだいたい5000円ぐらいの差があるようです。

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ