« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月 アーカイブ

2006年9月 1日

DVも冷やしたるねん。

RIMG0195.jpg

先日iMacDV(ダルメシアン)が不調とのことで検証のご依頼を受けました。
原因が発熱かどうかを切り分けるために、即興でUSBファンを作ってみました。

作り方はわりと簡単です。(やっつけではないですよ)
RIMG0217.jpg

RIMG0219.jpg

上記のようなフレーム構造のファンをiMacのおしり通気口のフタに
タイラップで縛り付けるだけです!
9cm角ファンだと、ぴったり収まります。

RIMG0218.jpg

電源はUSBから取るので、5Vでも回るファンでないといけません。
風量はそれほど稼げないものの、確実に排熱効率があがります。
(ファンの騒音はほとんど聞こえません)

今回はなるべく配線を短くしたいと思い、USBケーブルばらして
配線し直しましたが、下記のようなファン接続用USBケーブルも
売ってます(700円ぐらい)ので、面倒なことはしたくないという方は
こちらがお手軽で良いかと思います。
usb_5v.jpg


RIMG0194.jpg

総額2000円ぐらいあればつくれますので、iMacDVの熱が気になる!というかは是非お試しを。
(そういうのはもっと早く教えろ!!っていわないでください・・・)

2006年9月 3日

Macmini に Core2Duoを載せるレポート

RIMG0001_1.jpg

箱から出されたMerom様。(スゴいフォースを感じる!)

RIMG0002_1.jpg

CPUのアップ。コアがツルピカです。

急いでMacminiをバラします。(バラし方は割愛)
RIMG0003_1.jpg

もとのCoreSolo 1.5Ghzが現れる。

RIMG0004.jpg

取り出したCoresolo(1.5Ghz)とCore2Duo(T7600 2.33Ghz)との比較です。
Core2Duoの方がコアが大きくなっています。コアの位置も実はポイント。

RIMG0005.jpg

というのも、MacminiのCPUヒートシンクには温度センサー用の溝があるのです。
この溝がコア部にかかってしまったら、取り付けが出来なくなります。
コアの位置をよく確認したところ、うまい具合にコア部は溝にかからないことがわかり
一安心です。(ヒートシンク作ることになるのではと、かなり焦りました・・・)

RIMG0006.jpg

コアへの接触が不均一にならないように、もとのカーボンをきれいに剥がします。
(目の細かいサンドペーパーを使用)

RIMG0007_1.jpg

その後、Core2Duoのコアが収まる位置にカーボンシートを貼り直します。

RIMG0008.jpg

Meron様をソケットに収めた図。
そして、速攻で組み直す。(これも割愛)


t7600-1.jpg

かなりビビリながら電源ボタンを投入しましたが、あっさり起動し、
すんなり認識されました。

t7600-2.jpg

システムプロファイラだとこんな感じ。

とりあえずのXbench結果は下記になります。
(最近あんまりやってなかったので、実はピンとこない)

CPU Test 117.50
GCD Loop 277.57 14.63 Mops/sec
Floating Point Basic 139.24 3.31 Gflop/sec
vecLib FFT 84.73 2.80 Gflop/sec
Floating Point Library 87.29 15.20 Mops/sec

Thread Test 234.66
Computation 214.67 4.35 Mops/sec, 4 threads
Lock Contention 258.76 11.13 Mlocks/sec, 4 threads


最も懸念された発熱に関してですが、アイドル時ではファン音
は大きくなったようには感じません。
また、2時間ぐらい稼働させていても、アプリケーションエラー
なども発生することなく安定してしています。
この感じでは新しく出たCore2Duo(Merom)はMacminiでも問題
なく使えるのではないかと見ております。

今日のところはここまでで。


spilog03.gif

夏の終わりに高額メロンを買う。

RIMG0001.jpg

ビビりながらも、えぇい!とMeron (Core2Duo T7600 2.33Ghz)購入しました!!
値段は忘れてしまいたい・・・
パフォーマンス的にはT7400 (2.16Ghz)で十分だとわかってますが、気合い込めました。
Macminiで動くかどうかはこれからやります。
というかマジで動いてほしい。

2006年9月27日

UJ-85Jを試した。

RIMG0035_1.jpg

VintageComputerさんで販売中の最新スロットインドライブ、
UJ-85Jを試してみました。
UJ-845.UJ-846との違いで注目なのはDL(二層式書き込み)
(ダブルレイヤー)の速度が4倍速になっているところです。

まず、UJ-845,UJ-846,UJ-85Jのそれぞれの性能をまとめると。

CD-R(24倍),CD-RW(16倍),DVD+-R(8倍),DVD-RAM(5倍)というところは
それぞれ同じです。
違ってくるのは下記のあたり
DVD-RW UJ-845,UJ-846(4倍) UJ-85J(6倍)
DVD+DL UJ-845,UJ-846(2.4倍) UJ-85J(4倍)
DVD-DL UJ-845(非対応) UJ-846(2.4倍) UJ-85J(4倍)

DVD-DLの対応、DL書き込み速度以外はそれほど大きく違わない
といったところでしょうか。

RIMG0036_1.jpg

(何気にPanasonicのロゴが大きくなっている)


今回は注目であるDL(二層式書き込み)の速度を検証してみました。
といってもストップウォッチによる手動測定・・・

テスト機
Macmini (intel Core2Duo 2.33Ghz)
書き込みメディア  三菱化学製 +DL
データ容量   7.9GB

ファインダーからの書き込みで 34分で完了しました。
(ディスクの検証時間は含まない)

以前同容量で2.4倍速の書き込みを計測した時は44分だったので、
10分ぐらい速くなってます。

ただ、これぐらいの時間だと、じっと書き込みが終わるのを待っている
訳ではなく、バックグラウンドで他の作業をしてたりテレビ見てたり
しますので、それほどありがたみがあるというところまでは行ってない
かもしれないです。(続けて何枚も書き込みを行う人には10分は大きいですが)

これからドライブを交換するという人にはオススメではありますね。
(PatchburnでのOSへの対応は必要です)

あ、もちろんスピリカのスロットインドライブマウントキット
UJ-85Jは対応可能です。
ひとつよろしくお願いいたします。

2006年9月22日

iTunes7

アップデートしてみました。
細かいところで見た目が変わってますね。
まず、Dock上のアイコンがグリーンからブルーになったのに気がつきました。
(たしかiTunes2ぐらいの時はブルーだったような気がする)
とりあえず、派手なアルバム表示をやってみましたが、これは5分ぐらいで
飽きます。すぐ元にもどしました。
こういうライブラリ表記ってシンプルな方が結局使いやすいです。


一番びっくりしたのはiPodを繋いだときの表示。

かなり派手になってます。
ipod.jpg

ちゃんと初代iPodの画像が用意されているのでちょっとうれしかったです。
(まだしつこく使ってます)

2006年9月13日

新しいiPodたち。

hot445_01.gif

出ましたね!でも買わないですよ!!

iPodShuffle はだいぶ小さくなりましたねぇ。
このカテゴリ自体無くなるのではないかと思ってたりもしたのですが、
やっぱりエントリーモデルとしてこの価格帯は必要なのかもしれないですねぇ。
それにしても小さいなぁ。これならネクタイのタイピンとしても
使えそう。ジョギングする時にも前のモデルより固定しやすそうですしねぇ。
でも買わないですよ!!(ネクタイは年に3回ぐらいしかしないし、ジョギングも然り・・・)

iPodnanoはなんだかiPodminiに先祖返りしましたね。
個人的にもこのデザインの方が好みです。
前のモデルは前面に傷がつきやすいとか言われてましたし、iPodminiのデザインが
未だに人気があるこいうことを加味してこうなったのかもですね。
5色の中ならやっぱりミドリがいいなぁ。
でも買わないですよ!!(8GBだとiTunesのライブラリが全部入らないのです。選り分けするなら初代iPodでも我慢できますし。)

iPodは残念ながら容量増えただけの印象ですね。
ゲームできるって言っても、ケータイの方が進化してますし、操作しやすいですしね。
まず日本ではあんまり需要がないと思われます。
し、しかし、80GBはグッとくる容量です。iTunesのライブラリだけなら3年は確実に持ちそう。
でも買わないですよ!!(iPodはフルモデルチェンジしないと買わないと決めたのです。年末あたり出るんじゃないかと思ってるんですがどうなんでしょ。)

そ、それより。
来年出るらしい「iTV」の方が気になります。

"Mac mini でリビングPC"に記事が。
アップル、iTunes Store対応のSTB「iTV」を発表
パワーアップしたMacminiでHD_DVDやBDコンテンツが再生出来るようになれば、
これは買います。(光学ドライブも換えないといけないけど)

2006年9月11日

すぐこん2。

スピリカ運営スタッフのやぶなかです。

スピリカでのアップグレードをオーダーされる場合、
オーナーさまのMacを送っていただくケースが多い
ってことで、前回「パソ梱包」を紹介させていただきました。
http://www.spirica.jp/blog/archives/2006/08/post_13.html#more

今回は、パート2ということで、
「パソコン宅急便」をご紹介ぃい。

こちらも、ひけをとらずにすぐれた梱包。


iBookなどのノートの方は:パソコン宅急便 BOX A
Cube、Power Macなどのデスクトップの方は: BOX B

がぴったんこなサイズです。

(梱包資材費と送料は別途必要になっちゃいますが、
大切な愛機をしっかり守ってくれる鎧みたいなナイスなサービスに感謝です)

http://www.kuronekoyamato.co.jp/pasotaku/pasotaku.html

Apple-Style

あわせて読みたいブログパーツ